下書
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2035

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:
MTF Xi-9 ("Monkey on the Lamb") has been created and tasked with acquiring or otherwise destroying all newly encountered instances of SCP-2035. Fully grown instances are to be detained under the guise of potential risk of contagion to humans.

MTF Xi-9(「子羊の猿」)は、新たに遭遇した全てのSCP-2035を確保するか、そうでなければ破壊する任務を与えられています。 完全に成長した実体は、人への伝染の危険性を口実に拘束されるべきである。

Secured instances of SCP-2035 are to be kept in Site-141's Zoological Research center, locked in Freezer Unit 18B when not undergoing testing. Fully grown instances, hereafter referred to as "subjects", are to be kept in specially designated containment cells depending on taxonomy and level of aggression. Subjects are to be allowed sufficient free time in the on-site Wildlife Recreation Areas (WRA) 2-17, with allotted time to be determined by research head for each group. Subjects demonstrating heightened levels of aggression towards one another are to be segregated from the general population and allowed time in separate WRAs as needed.

収容されたSCP-2035は、Site-141の動物学研究センターに収容され、実験をしないときはフリーザーユニット18Bに保管されます。 完全に成長した実体(以下、「被験体」と呼ぶ)は、分類学および攻撃性の程度に応じて、特別に指定された収容セルに保管される。 被験体は、敷地内の野生動物レクリエーションエリア(WRA)2-17で十分な自由時間が許可され、各グループの研究代表によって決められた時間が割り当てられる。 別の被験体へ高い攻撃性を示す被験体は、一般集団から隔離され、必要に応じて別々のWRAでの時間を許されるべきである。

Personnel handling subjects are to ensure their hands are protected with non-latex vinyl gloves to prevent excess moisture from coming into contact with SCP-2035 subjects.

作業担当者は、余分な水分がSCP-2035と接触するのを防ぐために、非ラテックスビニール手袋で手を保護するようにしなければならない。

説明: SCP-2035 refers to 144 (currently in containment) miniature desiccated fetal animals1 measuring 3 cm x 3 cm x 1 cm, enclosed in paper envelopes measuring 17 cm x 8 cm. Instances of SCP-2035 initially show no signs of life and are fragile, necessitating specific levels of heat and humidity to grow. Physical contact with SCP-2035 causes it to absorb surface moisture, resulting in extreme cases in significant drying of the skin around the point of contact.

SCP-2035は、17cm×8cmの紙の封筒に封入された、3cm×3cm×1cmの大きさの小型乾燥胎児動​​物2144(現在収容中)である。 SCP-2035のインスタンスは、最初は生命の兆候を示さず、脆弱であり、成長するには特定の程度の熱と湿度が必要です。 SCP-2035と物理的に接触すると表面の水分が吸収され、接触点付近で皮膚が著しく乾燥する極端な場合があります。

Following a period of 2-3 weeks, SCP-2035 instances begin to show signs of life and experience rapid growth, reaching full sexual maturity within 4-6 weeks. Subjects at this stage tend to be physically unremarkable from non-anomalous members of their respective species, while displaying a significant number of mental deviations and/or psychological abnormalities, often resulting in extremely volatile and unpredictable behavior. Full-grown instances of SCP-2035 in containment currently number 60.

2〜3週間後、SCP-2035は、生命の徴候を示し、急速な成長を経験し、4-6週間以内に完全な性成熟に達する。 この段階の被験体はそれぞれの種の通常の仲間から物理的には目立ちにくいが、かなりの数の精神的偏向または心理学的異常を示し、しばしば極めて不安定で予測できない行動をとる。 収容中のSCP-2035の完全に成長した実体は現在60体です。

Discovery: SCP-2035 was first reported in █████, ██ to local Animal Control services on 10/2/2014, when an instance of SCP-2035 was discovered in the glove compartment of an abandoned vehicle on the side of the road. An envelope containing SCP-2035 was reportedly labeled with the words "Du Naut Cell[sic]" and included a local area phone number and address. The number led to a local "Rejection Hotline"2 and the address did not exist in either the municipal or incorporated area.

発見: 道路脇に放棄された車両の小物入れの中でSCP-2035が発見された2014年10月2日に、████、██の地元の動物管理サービスでSCP-2035は最初に報告されました。 SCP-2035を含む封筒には、 "Du Naut Cell [sic]"とラベルが付けられ、地域の電話番号と住所が記載されていたと報告されています。 この数字は地元の「リジェクション・ホットライン」3につながり、住所は市町村にも存在しませんでした。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]