白鳥研究員の巣な箱

SCP記事 下書き

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPへの感染が疑われる文章が発見された際には、その執筆者を拘束し、SCP-XXX-JP-1が記された媒体はすべて焼却処分されます。SCP-XXX-JPの発症者はSCP-XXX-JP管理班が作成した筆記検査を行い、症状レベルを判定します。症状レベルがステージⅢ以前の場合はBクラス記憶処理を施した後解放してください。症状レベルがステージⅣ以降の場合は安楽死処置を施し、関係者には場合に応じて適切なカバーストーリーを適用してください。

説明: SCP-XXX-JPは文字に対する認識災害の一種です。SCP-XXX-JPを発症すると、発症者の母語にかかわらず、未知の文字(SCP-XXX-JP-1)を筆記するようになります。後述の症状レベルが低い場合には、SCP-XXX-JP-1は本来の文字に一定の法則で余分な線が付加され、非発症者にとっては別の文字であると認識されるような形となります。症状レベルが上昇すると付加される線が増えていきます。結果として、発症者は非発症者と筆記によるコミュニケーションをとることが困難になります。口頭での発話には変化はありません。
SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1を書き写すことによって感染します。テキストファイルなどの電子媒体に書き写した場合、コピーした場合、書き写す際にSCP-XXX-JP-1を正しい文字に修正して書き写した場合は、SCP-XXX-JPには感染しません。
SCP-XXX-JPの症状は以下のステージに分類されます。
ステージ 症状
発症者の筆記する文字に0.1~1%の割合でSCP-XXX-JP-1が発生します。この段階でのSCP-XXX-JP-1と本来の文字は線が一本付け加えられた程度の差異であり、同じ文字でもSCP-XXX-JP-1となる場合とならない場合があります。
SCP-XXX-JP-1の割合が3%程度に増加します。ステージⅠにおいてSCP-XXX-JP-1と本来の文字が混在していた文字についても、全てがSCP-XXX-JP-1となります。
SCP-XXX-JP-1の割合が10%程度に増加します。また、付加される線がより多いSCP-XXX-JP-1が発生します。付加される線が増えても、SCP-XXX-JP-1は依然として別の文字に似た形を保ちます(「成」が「盛」になるなど)。ここまでの進行度であれば、Bクラス記憶処理によって症状を完治させることが可能です。
SCP-XXX-JP-1の割合はさらに増加します。また、SCP-XXX-JP-1と本来の文字との乖離も進行し、元の文字の原型を留めないような形に変化していきます。非発症者が本来の文字や文章の内容を推測することはほぼ不可能になります。
最終的に、発症者の筆記する文字の30%程度が枠を黒く塗りつぶしたような形のSCP-XXX-JP-1となります。個々のSCP-XXX-JP-1の差異は非発症者には全くないように見えますが、発症者はこれらを違う文字と認識し、読むことが可能です。

実験記録XXX-JP-1 - 日付1987/07/01

対象: D-XXX-01(ステージⅡ)、D-XXX-02(非発症)

実験方法: 一. 02が紙にアルファベットを筆記し、01がそれを音読する。二. 一の文章を01が書き写す。

結果: 実験一では、01は文章を問題なく音読した。二では、01は「C」が「G」に、「O」が「Q」に、「V」が「W」のように読める文章を筆記した。これらの文字が同一に見えることを指摘したところ、01は困惑し、02の文章がそう書いてあるのを写しただけだと主張した。

分析: 発症者は非発症者の文章を判読することが可能だということがわかった。逆に、非発症者が発症者の書いた文章を判読するのは不可能であろう。

事件記録XXX-JP-1:

発生日時: 1989/02/07
場所: 東京都██区 株式会社████
概要: 経理担当の████氏がSCP-XXX-JPに感染(ステージⅡ)。帳簿の「1」がすべて「4」となっており、計算が合わないことを不審に感じた同僚が指摘するも、██氏は間違っていないと主張。最終的に██氏は懲戒免職処分を受けた。財団は会社関係者にAクラス記憶処理、██氏にBクラス記憶処理を行った。後に██氏の部下にあたる█氏も感染(ステージⅠ)していることが判明したため、Bクラス記憶処理を実施。

事件記録XXX-JP-2:

発生日時: 1992/04/20
場所: 群馬県██市 ███病院
概要: 看護師の█████氏がSCP-XXX-JPに感染(ステージⅢ)。患者の看護についての手順を記した手書きのメモに影響が発生し、それをもとに看護を行っていた██氏によって患者██人が死亡した。メモは投与する薬剤の量を示す「3」がすべて「8」になっており、これが原因と考えられる。また、事件に直接影響はなかったものの、「口(くち)」が「目」に、「水」が「氷」になっていた。███氏にBクラス記憶処理を実施し、カバーストーリー「医療事故」を適用。

事件記録XXX-JP-3:

発生日時: 20██/██/██
場所: サイト-81██
概要: 財団職員である██博士が感染(ステージⅢ)。新人職員の研修担当であったため、██博士の板書を書き写した職員███人も感染したとみられる。Bクラス記憶処理を実施。
(20██/██/██ 追記) Bクラス記憶処理を行ったのにもかかわらず、██博士と職員███人の全員に未だSCP-XXX-JPの症状がみられる。安楽死処置も含め、対策を検討中である。

メモとか