アマミのノート(旧)

本ページの更新は終了しています。

現在はサンドボックスⅡにて更新を行っています。

rating: 0+x
man_in_the_display.jpg

回収時のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の収容コンテナ内に不透明なシートで覆った状態で保管されます。担当職員は定期的にDクラス職員を用いて、SCP-XXX-JPの点検・確認および曝露実験を実施して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは20██年に発売された███社製の19インチ光沢液晶ディスプレイです。その異常特性を除き、同型の液晶ディスプレイと外見/構造上の差異はありません。

SCP-XXX-JPは自身が電源に接続され、その液晶画面に黒い/暗い部分1が存在している場合に異常特性を発揮します。この状態のSCP-XXX-JPの液晶画面を見た人物(以下、被験者)は、本来なら液晶画面の黒い/暗い部分に反射して映るはずの自分自身の顔が、全く異なった別人の顔に置換されていることに気付きます2。複数の被験者が同時に液晶画面を見た場合でも、それぞれの被験者は自分自身の顔が別人の顔に置換されていることを報告する一方で、自分以外の被験者の顔は一切変化していないと報告しています。

液晶画面に映る置換された顔は、被験者の表情の変化に同期する形で表情を変化させます。また、置換される顔はSCP-XXX-JPに曝された被験者によって異なり、明らかに被験者とは性別が異なる人物の顔が確認された事例も存在します。これらの顔について、全ての被験者が「知らない人物の顔である」という旨の報告をしています。

個人差はあるものの、置換された顔を累計で1~10分間目視し続けた場合、被験者はSCP-XXX-JPに映し出された別人の顔を本来の自分の顔であると認識するようになります。この認識は記憶処理を用いた場合でも取り除くことができません。この状態の被験者をSCP-XXX-JP-Aと呼称します。SCP-XXX-JP-Aは鏡などの反射物や写真/映像に映る本来の自分の顔に対して、多くが違和感や嫌悪感といった感情を抱きます。これらの要因から、SCP-XXX-JP-Aは重篤な不安障害やカプグラ症候群3などの精神疾患に陥る傾向にあり、SCP-XXX-JPを除くあらゆる反射物を避け、可能であれば布などで覆う/破壊するなどを試みます。1ヶ月足らずでSCP-XXX-JP-Aはディスプレイ電源の切れたSCP-XXX-JPを1日中眺めながら生活するようになり、最終的にその大半が脱水症状または飢餓を原因に死亡します。

SCP-XXX-JPの異常特性は以下の場合、周辺に存在するランダムなディスプレイに転移します。現在確認されている転移先の最大距離はおよそ1kmです。また、転移先にはグレア/光沢液晶4ディスプレイが優先される傾向にあります。

  • 何らかの要因によってSCP-XXX-JPが損傷/故障し、液晶画面が点灯しなくなった場合
  • 1週間以上の期間、被験者がSCP-XXX-JPの液晶画面に映る置換された顔を目視5しなかった場合
  • SCP-XXX-JP-AがSCP-XXX-JPから、およそ半径3m範囲内で死亡した場合

SCP-XXX-JPは20██/██/██に███大学の学生寮で発生した、脱水症状に起因する██ ███氏(以下、SCP-XXX-JP-A-1)の不可解な死亡事故を調査した際に発見・回収されました。調査中、エージェント・██はSCP-XXX-JP-A-1と同じ寮生である███ ██氏(以下、SCP-XXX-JP-A-2)が数日前から不可解な言動および行動を繰り返しているという情報から、自室でSCP-XXX-JPを放心状態で眺め続けているSCP-XXX-JP-A-2を発見しました。SCP-XXX-JPおよびSCP-XXX-JP-A-2はともに回収され、カバーストーリー「勉強疲れによる集団ヒステリー」が適用されました。衰弱が激しかったこともあり、SCP-XXX-JP-A-2へのインタビューは成功しませんでした。

補遺: 以下の音声記録はSCP-XXX-JP-A-1が死亡する██時間前に、自身の友人へと向けて送ったボイスメールです。

音声記録XXX-JP - 日付 20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-A-1(女性 21歳)

<再生開始>

SCP-XXX-JP-A-1: 何度も連絡くれたのに、出れなくて、ごめん。私……今は、誰とも会いたくないの[嗚咽]みんなが……まるで別人みたいに見える[嗚咽]最近になって気付いた、私も……みんなみたいに別人になりかけているんだって[判別不能]

[すすり泣く声]

SCP-XXX-JP-A-1: いつも私を見ている女……私が頬をつねると、その女も頬をつねる。[嗚咽]あの女は私と……私と成り替わろうとしている。いつも私と同じ格好をして、いつも私の真似をして……。みんなみたいに……まったくの別人に……いや[何かが割れる音]

[17秒間沈黙]

SCP-XXX-JP-A-1: ごめん、変なこと言って……でも、違うの、変に思わないで……ただ、私は、別人になりたくない……。

[以下、嗚咽とすすり泣く声が26秒間続く]

<再生終了>

 

  
※こちらは改稿前の補遺です。
補遺: 以下の音声記録はSCP-XXX-JP-A-1が死亡する██時間ほど前に、自身の友人へと向けて送ったボイスメールです。

音声記録XXX-JP - 日付 20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-A-1(女性 21歳)

<再生開始>

SCP-XXX-JP-A-1: [判別不能]……何度も連絡くれたのに、出れなくて、ごめん。私……外に出るのが怖いの[嗚咽]いつも同じ誰かに見られてる……ストーカーなんかじゃなくて、もっと気持ち悪い誰か……。どこにでもいる[判別不能]一体誰なの……[嗚咽]

[17秒間沈黙]

SCP-XXX-JP-A-1: ごめん、変なこと言っちゃって……心配してくれてありがとう……それじゃあ、またね。

[すすり泣く声]

SCP-XXX-JP-A-1: なんでなの……[嗚咽]なんで私、笑ってるの……。こんなに苦しくて[嗚咽]私は笑ってないのに……なんで笑ってるのよ……。

[以下、嗚咽とすすり泣く声が26秒間続く]

<再生終了>

メモ: 音声記録からは、SCP-XXX-JPに映る置換された顔がSCP-XXX-JP-A-1の表情に同期することなく、自立的に変化したとも取れます。しかし、複数の実験において、置換された顔が自立して変化したケースは存在しません。録音時のSCP-XXX-JP-A-1の状態を考えれば、単なる勘違いや見間違いともとれますが、検証時に考慮するべきでしょう。 - ██博士

画像は以下のTILImAX10 氏の"Monitor"を改変して使用しています。
また、"Monitor"には 「CC BY 2.0」(表示) が適用されています。
https://www.flickr.com/photos/116675141@N02/12354275815/in/photolist-jPGTMr-5THp6W-7FG4q6-rSmbuc-7MNXyb-rv77d9-9yRaR4-5bsnvN-42g8hw-5KWjsg-wazkH6-q5ew5m-4C7Vjn-59vx2g-5dnTAn-4HYkhk-4NNZmR-7AiRbe-7N69dM-6pZ8Kd-2TBUL2-4Cbum5-5xs5tM-kHgQXA-74SikE-4GMo5i-8FcUNy-fPzmQg-6Y1Rbx-5EqV3b-9eYiQi-5zXtUQ-7SrnWv-8pmRLD-mhzNQf-6AhRCC-rikxJc-g64Gnk-8XRvW5-ant83o-7t3bAy-86wy7X-h3JxBC-6gk9Hj-84vU4q-7HNhrf-4dNUFq-9HVgCW-6m9ege-dCkVr8