Amateria箱

SCPアイデア・下書きなど

・下書き

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-XXX-JPは30代の日本人男性のように見える人型の実体です。後述するSCP-XXX-JP-A内では「たなか・ジョンソン・いちろう」を名乗っており、確認出来る限りでは常に黄色の上着と黒のズボンを着用しています。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

・アイデア

 超増殖! 肉! ダイエット頑張ってね!

 彼女は膨れ上がった肉の塊です。以下の二つの特異性を持ちます。
・栄養を一切摂取しなくても、脂肪が増殖していきます。特にストレスを強く感じると増殖力が強くなります。
 この脂肪を切除すると、それまでにない勢いで切り離した肉片が増殖します。つまり、彼女の死亡は世界終焉シナリオを引き起こしかねません。
・彼女に触れた場合、接触時間に応じて彼女の脂肪が接触者に転移します。つまり、定期的にこの転移によって脂肪を移動、彼女を含む複数名で脂肪を燃焼、つまりダイエットを続けなければなりません。
 彼女はかつて人型オブジェクトとして財団に収容され、専門チーム「ダイエットコーチ」によって体型の維持を行っていました。
 しかし某日、職員の不用意な発言によって彼女は莫大なストレスを感じ、収容室におさまりきらない肉塊と化しました。
 現在彼女は食事も摂らず、呼吸もままならない状態でありながら生存しており、その身への多大なストレスによって現在進行形・加速度的に肥大化しています。今のところDクラス職員も動員しての「ダイエット」が行われていますが、その脂肪の肥大化は止められておらず、むしろさらに加速しています。

 だれかにさわられている。たくさんさわられてる。べたべたべたべた。きもちわるい。
 あたしにさわらないで。さわらないで。

・投稿済み

SCP-818-JP
ネタ被りが痛すぎた。
コンセプトはとにかくウザいこと。
カエルは苦手。