狸さんたちの沈黙
評価: 0+x


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの出所が判明している事、またSCP-XXX-JPが今後何らかの影響を外部に及ぼす可能性の低さとタイムパラドックスの危険性から現在SCP-XXX-JPの研究は停止されています。
その為収容サイト8172には最低限の保安要員のみが配置されます。

概要: SCP-XXX-JPは日本の██米軍基地内部に存在する直径25mの半球状の建造物です。大きな窓から内部の様子がうかがえ、顕微鏡、書類、パソコンと思われる電子機器等、数名の白衣を着た白骨死体等が確認できます。電子機器の一部には財団のロゴが印刷されています。外郭には一切の外部との接続端子等が見つからないにもかかわらず、発見から70年以上経つ現在も内部の複数の電子機器やモニターへの電力供給が見受けられることから、電力は何らかの独立した供給経路を保有していた推測されています。また同様に換気装置が確認できませんが、内部では定期的に空気の入れ替えないし補充が行われている様です。(補遺 XXX-A-03参照)外壁及び窓、ドアは不明な材質により重機関銃の射撃や手榴弾に容易に耐えうる強度を持ち、アメリカ軍及び財団による内部への進入の試みは成功していません。

氏名: 鴨志田 善次郎(かもしだ ぜんじろう)

セキュリティクリアランスレベル: 3

職務: 毒性化合物に関わる職務全般(例:SCPから分泌された液体の解析、フェイルセーフ用化合物の開発及び選定)

所在: 現在はサイト8181

人物: