「カリスマ」を生む本下書き
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88

SCP-XXX-JPの元の粘土板を書いたとされる
ヘラクレイトスの肖像画

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは電子ロック式の収容ロッカーに厳重に保存してください。SCP-XXX-JPの実験を行う場合はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可が必要です。SCP-XXX-JPを実験に使用する場合は事前のテストで規定の得点を下回った一般職員及びDクラスによって行わせてください。
(追記)実験に使用されたDクラス職員が一ヶ月生き残っていた場合終了させてください。さらにSCP-XXX-JPを開き内容を読んだCクラス以上の職員が発生した場合即座に終了してください。

説明: SCP-XXX-JPは古代ギリシャ時代に活躍した、哲学者ヘラクレイトスの理論が書かれていた粘土板を18世紀に本として書き直したものです。SCP-XXX-JPの表紙には「戦争の有用性」と書かれています。SCP-XXX-JPの主な内容としては「戦争こそが人類を発展させる」と言うものです。

SCP-XXX-JPが持つ異常性は事前のテストで規定を上回っていた人物がSCP-XXX-JPを読んだ場合精神的影響を与え、性格・口調を変化させることです。この事前のテストの主な内容は被験者がどれほどリーダーシップを持っているかと言うものです。以後、SCP-XXX-JPの精神的影響を受けた人物をSCP-XXX-JP-1と呼称します。ですが、SCP-XXX-JPの前置きだけを読んだ場合、被験者が事前のテストでの規定を上回っていたとしてもSCP-XXX-JP-1にはなりません。この前置きはSCP-XXX-JPの1ページから██ページの間だと実験の結果判明しています。そして、テストでの規定を上回っている被験者はSCP-XXX-JPに書かれている本題に入った場合SCP-XXX-JP-1に変化します。この場合、無理やり読むことを妨害しない限りはSCP-XXX-JPを読み続けます。そして、SCP-XXX-JP-1の行動・言動を認識した人物は一般的に言う「カリスマ性」を感じるようになります。この時点でSCP-XXX-JP-1は周囲の人間に対して精神操作を行う認識災害オブジェクトに変化したことを示唆しています。

その後、SCP-XXX-JP-1は自らの「カリスマ性」に魅了された人物に対し精神操作を行い武力による行動を先導しようとします。この時、SCP-XXX-JP-1の精神操作に対して効果がある人物は働いている会社や国の政策に不満を持つ人物その他に不満を持つ人物だと確認されています。精神操作を受けた人物は今の不満のある状況から、自分を救い出してくれる救世主だと認識します。不満が無いとしてもSCP-XXX-JP-1にはカリスマがあると認識します。この時、精神操作を受けた人物を元に戻すには対象に対して精神操作を行ったSCP-XXX-JP-1を無力化及び対象を隔離することで可能です。

████ページ以降には今までにSCP-XXX-JPが生み出してきたSCP-XXX-JP-1の情報が書かれています。全体では█████人分の情報が書かれています。この中には歴史上、戦争を起こす原因・引き金になった人物・後世に英雄として認識さえれている人物が多数確認されています。書かれている人物の中にはフランス革命後に一時的に独裁政治を行ったロベスピエール・その後フランスの皇帝となったナポレオン・イタリアのムッソリーニ・ドイツのヒトラーその他多数が確認されています。なお、████ページ以降だけを読んだ場合はSCP-XXX-JP-1には変化しません。

SCP-XXX-JPは199█年に反政府武装組織[データ削除済]のリーダー████・████を[データ削除済]の政府が殺害された際に発見されました。████・████を殺害した部隊の████二等兵がSCP-XXX-JPを発見した後、一時的に保管している際には████二等兵がSCP-XXX-JP-1に変化することはありませんでした。その後、SCP-XXX-JPを████二等兵が所属していた、部隊の隊長████大尉に渡したところ、突如SCP-XXX-JP-1に変化しました。その後、SCP-XXX-JP-1に変化した、████大尉は独裁政治を行っている政府に不満を持っていた民衆・軍を一瞬で掌握し、クーデターを起こしました。その後、[データ削除済]の政府はクーデターを鎮圧後、我々財団に収容を依頼してきました。