bosmine
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:
SCP-XXX-JPはサイト-XXXの標準人型収容室にて一般的な部屋を模した収容部屋に収容状態にあります。対象はごく一般的な人的生活を行うことができ、望むものが必要であれば財団から提供されます。ただし収容に際し決してSCP-XXX-JPの膝より低い位置に水たまり、または水たまりと判断し得るものを設置することは認められていません。入浴の際も湯船に水を張らず、シャワーのみ使用を許可し、SCP-XXX-JPがうっかり湯船の蓋、排水溝を防いでしまわないように監視の下入浴を行わせてください。

説明:
SCP-XXX-JPは身長167㎝、60kgの一般的な成人男性です。普通に生活しているときは何の異常性も示しませんが、対象が「水たまり」と認識した物から1.5m内に接近した時その異常性が発言します。
対象は対象が認識した水たまりに必ず落ちてしまい、その中の水をすべてその水溜りの中から出してしまいます。
SCP-XXX-JPは19

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]
※書式について:
SCP報告書の書式は、基本的に本家と同じレイアウトになるよう意識して下さい。
特に「段落頭の1字下げ」や「段落分け以外での改行」はしないよう気を付けて下さい。
(特別な意図がある場合や、どうしても読みづらくなってしまう場合はこの限りではありません)

インタビュー記録のテンプレート

対象: [人間、団体、SCPオブジェクトなど]

インタビュアー: [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]

付記: [インタビューに関して注意しておく点があれば]

<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

インタビュアー: [会話]

誰かさん: [会話]

[以下、インタビュー終了まで会話を記録する]

<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

実験記録のテンプレート
SCPに関する実験の記録には以下のテンプレートを使用してください。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象:

実施方法:

結果:

分析: