C-Divesのほんやく砂場
評価: 0+x















❀✿❁












~❀~

ある日、財団はその扉を開き、管理していた全ての非暴力的な異常が好き勝手に彷徨い出すのを許した。オレンジ色の服に身を包む専用棟のDクラス被験者たちも、やはり同じようにして自由になった。上級スタッフの幹部たちは飲み物を分け合った。クレフ博士とコンドラキ博士は和解したし、ギアーズ博士は微笑み、管理者は祝賀スピーチをした。



~✿~

GOCは武器を下ろした。超自然に対する彼らの戦争がようやく終わったのだ。各国政府とその異常部門は国際休息日のために休業した。アンダーソン・ロボティクスとプロメテウス研究所は同時に閉鎖を発表した。総職工長は全ての労働者たちを解放した。

ディア大学は扉を閉ざし、即席の休暇を宣言した。マーシャル・カーター&ダーク社ロンドン支部ラウンジにある居心地の良い暖炉は、誰にも使われず火が消えて久しかった。ウィルソン・センターのメインオフィスで、父親と疎遠になった娘は最後にもう一度だけ抱きしめ合った。気まぐれ専門の大博士は工房の窓から外を見やり、麗らかな日の抱擁を喜んだ。

3.png

~❁~

世界が美しく咲き誇ったのは、たった一日限り。翌朝、そこには淡い青の点も、住民たちも全く残っていないだろう。当てもなく虚無の中を漂い、物悲しい曲を奏でているたった一台の探査機以外には、何もかも無くなっているのだろう。

4.jpg