C-Divesのほんやく砂場

SCP-1233 - The Lunatic / ルナティック  CadaverCommander
airborne ectoentropic extraterrestrial humanoid indestructible keter moon sapient scp sentient uncontained

評価: 0+x
moonchampion.jpg

SCP-1233、1986年頃。

アイテム番号: SCP-1233

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-1233の異常な物理的特性は一次収容の可能性をほぼ完全に阻んでいるため、実現可能な物理的収容の手段が考案されるまでは、二次収容手順が妥当なものと見做されます。

財団衛星観測ネットワークARGOS1は、最後に観測されたSCP-1233離脱イベントの3年6ヶ月後に、優先度2の高度警戒状態に入ります。ARGOSがSCP-1233を熱圏上層部に検知した場合、近隣に駐在する秘密裏の記憶処理・偽情報流布に特化した機動部隊の特派員たちが、SCP-1233の降下軌道の終点に最も近い人口中心部に派遣されます。

SCP-1233が地球軌道から離脱した後、あらゆるSCP-1233の目撃情報や引き起こされた被害には、報道管制と合わせて適切なカバーストーリーによる説明を行います。SCP-1233の異常効果が公然と行使されるのを目撃した民間人には、機動部隊の裁量で記憶処理が施されます。SCP-1233が異常なほど長期間にわたって出現していた場合、影響を受けた街への大規模記憶処理が認可される場合があります。

更新 2017年10月5日: 如何なる状況でも財団職員がSCP-1233と交流・交戦することは一切認められません。

説明: SCP-1233は組成不明のヒト型実体であり、外見上は不透明なバイザーと付属の船外活動用推進ジェットパックを有するEMU2タイプ宇宙服を着用した人間のように見えます。

SCP-1233が着用している装備は多数の異常性質を示します。スーツそのものは、標準的な宇宙服のそれを遥かに上回る耐久性を見せています。SCP-1233は今日までに小火器の発砲、対戦車砲弾、地雷、白リン弾、そしてある一例においてはマグマへの完全な沈没に、観測可能な損害や機能低下を全く負うことなく耐え抜きました。また、スーツの材質は全ての試行された侵襲的スキャン — 超音波、無線、マイクロ波、X線放射までを含む — に対して不透明です。

SCP-1233のジェットパックは、表面的には低重力の軌道上環境でのみ実用的に機能するように設計され、圧縮窒素を動力とするように見えますが、実際には何らかの異常に高出力なロケット推進システムのようです。この装置は観測上で最大およそ時速40,500km3までSCP-1233を急加速させる推力を持続的に生成可能であり、またSCP-1233の軌道を任意の方向に、人間にとっては瞬時に致命的結果を招くであろう速度および加速度/減速度で変更することもできます。

SCP-1233の体力もそれ相応の異常性を持ちます。複数の物理法則に反して、対象は最大重量65,000kgまでの物体を持ち上げて投擲する能力を示しており、外見的な疲労の兆候を示さずにそうした行動を繰り返すことができます。

SCP-1233はスーツに組み込まれた拡声器を通しての意思疎通が可能であり、やや大袈裟な演説口調である男性の大声を発します。SCP-1233は数多くの言語に堪能であることを実証しており、周辺人口が最も一般的に話している言語に合わせて発言を調節します。SCP-1233の声明は概して全体的には辻褄があっているものの、まとまりが無いか、回りくどいか、現状と無関係か、もしくは認識可能な文脈を欠いていることが頻繁にあります。

SCP-1233は常軌を逸した予測不可能な行動を取る反面、社交的かつ友好的でもあり、また幾分破壊的な影響を及ぼします。しかしながら、SCP-1233の出現は通常ごく短期間の不定期なもので、目撃されるのは4~5年に1回程度です。

SCP-1233到着イベントは、当該実体が地球上空の不明な高度から、一般的に小隕石や大気圏再突入を試みる宇宙船のそれに匹敵する終端速度で落下することから始まります。SCP-1233は大気摩擦によってこれらの落下物に典型的な赤橙色の光を放射するため、一般的に落下中は隕石または“流れ星”であると誤解されます。SCP-1233はその後地表に墜落し、小規模な局地的地震を引き起こすと共に、相当規模の衝突クレーターを形成します。ほぼ全ての事例において、SCP-1233は人口密集地 — 通常、住民が30,000人以下の小~中規模な町 — の境界線からある程度離れた4場所に着陸しています。SCP-1233はクレーターを抜け出し、飛行または徒歩で近隣の町へ移動します。人口密集地へ向かう経路は大抵の場合直線的ではありません — SCP-1233は頻繁に立ち止まり、一見したところ行き当たりばったりに様々な行動をとります。観察された迂回行動の例には

  • 農機具、建造物、植物などの様々な物体を調べる
  • 不定期間、その場に立ち尽くす
  • バッタや蝶などの小さな昆虫を追いかける
  • 家畜や鳥などの動物に挨拶、会話、尋問を試みる
  • 根菜を抜く、または茂み/木から果実を摘む。その後、明らかにそれらを“食べる”ための試行として、自らの閉鎖されたバイザーに強引に押し付ける。
  • 池や湖などの水域に直進する

などが含まれますが、これらは通常、顕著な資産被害を及ぼすものではありません。

町の境界線に到達したSCP-1233は更なる活動に従事しますが、その好奇心・外見・極端な膂力・人間の社会的慣習に対する理解力の欠如のため、これらの活動は概して民間人の混乱や公的・私的資産の破壊を招きます。以下の映像記録の転写は、SCP-1233と地元民の交流の典型例です。

日付: 2009年8月9日
映像元: アメリカ合衆国ニューヨーク州、サラトガ・スプリングスの繁華街に位置するパン屋 兼 カフェ、“サムズ・スウィーツ”から押収された保安カメラ映像。




(SCP-1233が正面ドアを開き、カフェに入店する。カウンターの裏には、肥満体の髭を生やした男性 — 店舗の共同所有者であるボブ・パーソンズ(32) — がいる。パーソンズはSCP-1233の入店時に眉を吊り上げる。)

パーソンズ: おいおいマジかよアンタ、そいつ… 中は90度いってるんじゃないか。コスプレに気合が入ってんのは結構だけどよ、なぁ。

(SCP-1233はレジに接近し、軽く敬礼する。)

SCP-1233: 御機嫌よう、お嬢さん。私はムーン・チャンピオン、ムーン闘士チャンピオンにして宇宙正義の擁護者、そして邪悪の破壊者である。君たちの奇妙な文化をより深く学び、私の民が月怪獣に対して今まさに繰り広げている戦争への援助を求めるために、再びこの魅力的な世界へやって来た。君はどうやら、この世界の象徴として銀河中に知られる豊富な栄養素と潤いに極めて恵まれているようだ。君はこの惑星の大統領なのかね?

(沈黙。パーソンズはおよそ1分間大声で笑い、目から涙をぬぐいながらカウンター下部の陳列ケースに手を伸ばす。)

パーソンズ: いやはや、参ったね。こんな面白ぇ馬鹿話を最後に聞かされたのは、かれこれ一年以上前だ。調子はどうだいムーン・チャンピオン、俺はボブだ。背骨が口から飛び出るかってぐらい爆笑させてくれたお礼に、タダでクッキー1枚やるよ。ほら。

(パーソンズはSCP-1233にクッキーを手渡す。SCP-1233はパーソンズからこれを受け取る。)

SCP-1233: ああ。君たち人間の“インコ”の一種か。よかろう。私、ムーン・チャンピオンは、月世界を代表してこの小鳥を受け入れ、そこから得られる活力は正義を前進させるために使うことを粛として誓う。

(SCP-1233は未開放のバイザーにクッキーを叩き付ける。衝撃で即座にクッキーが破壊され、欠片が全方位に飛散する。)

SCP-1233: 美味! 惜しみない贈り物に感謝する、地球大統領卿よ。正義の光が永久に君の気高きかんばせに輝きますよう。

(パーソンズは再び笑い、自分用のクッキーを取って食べ始める。)

パーソンズ: …いやぁ、クールだったぜ月の兄ちゃん、後であれは掃除しとくから心配しなくていいさ。そんで、怪獣がいるのかい、え? 月に? アンタがそいつらと戦うのか?

SCP-1233: 君の状況把握には非の打ちどころが無い、卿よ。その通り、悍ましい月怪獣どもは数千年も前から私の民を脅かし、攻囲している。非常に恐るべき奴らだ — ただ奴らを説明しようとするだけでも、君たち人間の内臓は恐怖のあまり萎びてしまうだろう。そして、この悪夢の如き獣を迎え撃ち、月人たちを危急存亡にある祖国、荘厳にして壮大なる月王国の守備へと導くのが、ムーン・チャンピオンとしての私の神聖な務めだ。

(パーソンズはクッキーを食べながら頷く。)

パーソンズ: へぇ、じゃあアンタはその、エイリアン連中の一人なのかい。そいつらの王か何か。

SCP-1233: いや。私は月人たちの仲間ではない。私はムーン・チャンピオン。月王への借りを返すまで、月人に奉仕し、敵との栄光ある戦争を遂行し続ける。しかし月王国は平和と啓蒙の地であり、月人たちは暴力と流血沙汰の狭量さを遥か昔に捨て去った。彼らはあのような物凄まじい敵の唐突な出現には準備ができていない。そしてこの私、ムーン・チャンピオンの勇ましい尽力にも拘らず、攻勢は不利になっている。それ故、私は最も近場にある隣星・地球を今一度訪れ、君たちの肉質で湿った心の内に何かしらの援助が宿ってはいないかと探しに来たのだ。

(この独白の間、SCP-1233の右腕は徐々に空中へと上がっていき、やがて手が頭より上に差し伸ばされた状態になる。パーソンズが右腕を指差す。)

パーソンズ: 何か… 訊きたい事とかあるか?

SCP-1233: ああ。幾つかある。まず手始めに、君たちの飼っている“コイヌ”は、余分な遮蔽無しでも宇宙の真空に耐えることができるものだろうか? 1匹と友情を結び、その子を月コイヌムーン・パップと名付けて、彼女を宇宙の冒険に連れていきたい。

パーソンズ: 腕どうした、アンタ。

(SCP-1233は沈黙し、首を回して腕を見る。)

SCP-1233: Ah. Yes. It has become buoyant, an aspect of your mighty balloons. Another common side-effect of your Earth atmosphere, similar to electricity and swarms of locusts. Either that or there are Laser Beasts within this quadrant. I have studied the Earth quite extensively. Its phenomena are disgusting and incredible.

Parsons: … Huh.

SCP-1233: Now, Lord President Mayor of Earth, will you answer the Moon King's call, and assist us in our desperate battle against the Moon Monsters? Time is of the essence. Time waits for no Moon Champion. I have asked it nicely. It did not listen.

Parsons: Oh. Uh… So like, as you can see, Moon Dude, as President I have uh… responsibilities. This uh… supply depot here is the only source of food for my people, and I've gotta like, stay here. Otherwise there'll be a famine, you know how it is. But I've ordered the citizens to lend a helping hand to anyone who asks, and uh, look! Right outside, there's some.

(SCP-1233 turns to look out the glass door, where there are passersby visible.)

SCP-1233: Yes. Of course. You have been most voluptuous, my liege. Farewell, glorious and corpulent President. May you and your people remain moist and rubbery. Moon Champion blasts off, on wings of justice!

(SCP-1233 salutes once more, turns about, and marches forward, crashing directly through a section of concrete wall less than 10 feet from the establishment entrance.)

Other observed behaviors have included:

  • Wandering into traffic, which due to its anomalous properties has resulted in lethal collisions
  • Breaking through glass storefronts to handle or inspect wares on display
  • Challenging a fire hydrant to single combat, which it then destroyed via punching
  • Stealing and gathering unattended bicycles, forming a pile of hundreds in the center of a public park
  • Stacking parked cars on top of one another
  • Collecting as many dogs as possible and attempting to use them as currency to purchase more dogs,

and more. SCP-1233's exploits invariably result in the local authorities being summoned by the citizenry, however attempts by police to impede, detain, or arrest SCP-1233 are entirely ineffective and are ignored by the entity in the majority of cases. To date, SCP-1233 has not caused overt and deliberate harm to any civilian, though casualties and fatalities have occurred as a result of its unpredictable behavior and physical properties.

After spending a variable amount of time5 within a given municipality, SCP-1233 will abruptly activate its jetpack and ascend directly upward, reaching escape velocity and exiting Earth's atmosphere with greater speed than any non-anomalous vehicle on record. Ground-based and orbital telescope observation of recent SCP-1233 departures have shown that its general outbound trajectory is consistent during each event: SCP-1233 exits Earth orbit and maintains velocity while adjusting course directly toward the Moon. At its average speed of roughly 40,500 kilometers per hour, the entity enters lunar orbit within approximately 9 hours. It will overshoot slightly and adjust course, passing out of view and presumably either demanifesting somehow or landing on the far side of the Moon.

None of SCP-1233's claims regarding the Moon have been successfully verified. Since SCP-1233's initial appearance, Foundation research divisions have maintained constant surveillance of the Moon in an attempt to acquire concrete evidence of its statements, with no conclusive results.

Terrestrial research personnel have maintained continual contact with Lunar Area-32 provisional research station supervisors concerning all aspects of SCP-1233 since its initial registry, hypothesizing that Area-32's powerful and comprehensive SENTINEL array would be capable of confirming or refuting SCP-1233's allegations with ease.

Not only have Lunar Base personnel consistently failed to uncover any indication that SCP-1233's assertions are authentic in any way, but no anomaly or object matching SCP-1233's description has ever been recorded by SENTINEL's hundreds of detectors, despite the existence of a multitude of Earth-based telescopic video recordings which clearly show SCP-1233 entering the inner bound of SENTINEL's optimal sensor range and flying directly over Lunar Area-32. Lunar personnel were only made aware of the entity's existence in the SCP registry upon terrestrial command's request that they transmit all data concerning SCP-1233's first appearance to Earth for storage and analysis, three hours following the entity's disappearance. No such data existed.

No definitive explanation for this observational discrepancy has been found.

Addendum 1233-01: During SCP-1233's most recent arrival event on October 5th, 2017, SCP-1233 addressed a male civilian6 in downtown Hereford, England. SCP-1233 approached Godsall and asked him if he would be willing to join the fight against the “Moon Monsters”. As opposed to each observed iteration of this interaction thus far, in which the civilian petitioned by SCP-1233 either disregards the question or answers in the negative, Godsall sardonically replied, “Oh absolutely, you fucking nutter. I'm ready to go right now, got my toothbrush and everything. Let's fly, spaceman.”

SCP-1233 responded, “At last! A brave warrior, hiding in plain sight amidst these pastoral and bucolic humans! Let us away, fair meatfellow, and earn the glory of heroes! This day, you brush your tooths amongst the stars! We fly!” The entity lurched forward and embraced Godsall, then activated its jetpack. The resultant sonic boom shattered every item of glassware within a 300-meter radius as SCP-1233 accelerated to a projected velocity of 25,000 kilometers per hour within approximately four seconds, ascending into low orbit with Godsall in tow. Due to the unexpected timing of this event, observational satellites were unable to properly focus upon SCP-1233 during the early stages of its exit trajectory. As such, Godsall's presence and status were unable to be visually confirmed.

After the amnesticization of all Hereford citizens witnessing this event, Godsall was officially declared missing, then pronounced dead three months later. The condition and whereabouts of his remains are currently unknown.