chrozatou お砂箱

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8181の低脅威度収容室に布で覆われた状態で収容されています。SCP-XXX-JPを直接視認することは禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは認識災害を引き起こす姿見であり、表面に歪みがあります。

SCP-XXX-JPに映った自身を3秒以上肉眼で視認した人物(以下、SCP-XXX-JP-1)は、自身の外見が優れたものだと認識し強い自己陶酔に浸ります。また、視認から約2時間後にSCP-XXX-JP-1は自身の外見上の欠点と自覚していた特徴をもつ人物に対して非常に攻撃的になり、時間が経つごとに攻撃対象の特徴が多くなっていきます。これらはSCP-XXX-JPを視認して8時間以内であればクラスA記憶処理が有効です。攻撃性は個人差がありますが、多くの場合殺人につながります。攻撃性は対象への嫌悪感や苛立ちが原因であると考えられます。SCP-XXX-JP-1は鏡、もしくはそれに代わる物を見つけると、自身を数分ほど眺めるために立ち止まります。自身を眺めている状態のSCP-XXX-JP-1に対して話しかける、鏡を遮る等をすると、妨害されたとしてSCP-XXX-JP-1の凶暴性の増加につながります。

SCP-XXX-JP-1に対して本来の外見を伝えると、混乱を示しながら外見を確認するために鏡を探し始めます。その状態のSCP-XXX-JP-1が鏡で自身を認識した場合、SCP-XXX-JP-1は外見に対する否定、罵倒などを支離滅裂な状態で叫びながら自傷行為を行います。鏡などが近くに無い場合、SCP-XXX-JP-1は自力で見ることができる範囲の自身の体を見て、鏡を見た場合と同様の行動をとります。

SCP-XXX-JP-1が自身を眺めるために使用した鏡は、SCP-XXX-JPと同じ性質を持つようになります。これらは割ることで異常性を示さなくなることが判明しています。

初期インタビューログXXX-JP-2 - 19██/██/██

対象:SCP-XXX-JP-1-1 ███ 大学生 SCP-XXX-JPに暴露後、傷害事件を起こし逮捕されていた。
インタビュアー██博士
付記:██博士は別室から音声のみを伝えている。

<開始>

██博士:███さん、あなたは何故多数の人々を傷つけたのですか?

SCP-XXX-JP-1-1:あのデブとかチビにムカついたからに決まってるじゃん!

██博士:そうですか、では次の質問です。あなたは[編集済み]で試着室に入りましたか?

SCP-XXX-JP-1-1:それが何か関係あるの?

██博士:質問に答えてください。あなたはあの店の試着室に入りましたか?

SCP-XXX-JP-1-1:確かに入って服を着たけど、それが何なの?

██博士:確認を取っただけです。それともう一つ、あなたは危害を加える対象を選びましたか?

SCP-XXX-JP-1-1:はぁ?だからあのデブ3人とチビ2人がムカついただけだってば!

██博士:太っていて背が低いから、ですか。それは、あなたも同じでしょう。

SCP-XXX-JP-1-1:・・・は?え?

██博士:あなたはなぜ彼らに腹を立てたのですか?他に理由はありませんか?

SCP-XXX-JP-1-1:[数秒間沈黙]

██博士:███さん、どうかしましたか?

SCP-XXX-JP-1-1:[奇声] [頭を壁に叩き付ける音]

██博士:インタビューを終了します。至急、医療班を呼んでください。

<終了>

初期インタビューログXXX-JP-1 - 19██/██/██

対象:██ SCP-XXX-JP-1-1による暴行の被害者 日本人男性の平均身長と比較し低い身長
インタビュアー:██博士

<開始>

██博士:では██さん。あなたが暴行された時のことをできる限り話してください。

██:・・・はい。友人との買い物を終えて一緒に帰っていた時に、あの場所を通ったんです。

██博士:そこで加害者に会った?

██:はい。ですが、私はあの人のことは見たこともありませんでしたし、会ったと言っても道ですれ違った程度だったんですが、向こうから急に声をかけられたんです。

██博士:なんと声をかけられたのですか?

██:えっと、詳しくは覚えてないんですが、「そこのチビ、むかつくんだよ」みたいな事を言われたと思います。確かに私は小さいですけど、向こうも大概小さかったので少し唖然とした後に言い返そうかと思ったんです。そうしたら急に殴りかかられて・・・

██博士:それで怪我をした、ということですね。

██:友人が止めに入ってくれなければもっと怪我をしていたと思います。それくらいの勢いでした。

██博士:その友人はほとんど怪我をしていませんでしたね。

██:はい、友人に止められたらあの人は殴るのをやめてどこかに行きました。友人は体格が良いから怖くなったんだと思います。

██博士:なるほど、ありがとうございました。これでインタビューを終了します。

<終了>

やはり自身の外見的特徴と一致しなければ攻撃性は出ないようだ。──██博士

補遺1:SCP-XXX-JPは██県██町での多数の傷害致死事件が同日に発生したことをうけ、財団が調査を行いました。加害者全員がその日に立ち寄ったとされる██町で最大の衣料品店[編集済]を調査したところ、試着室にて発見されました。その日まで異常性がなかった事、他の試着室の鏡と大きさが異なる事から、何者かが元々備え付けられていた鏡と取り換えたものと考えられています。

補遺2:

裏には"自分自身を見つめ直すことも大切だ"と刻まれています。
自己嫌悪というものは行き過ぎた同族嫌悪なのかもしれないな。──██博士

例として、太っている、身長が低い、顔の良し悪し、くせ毛、など。
顕著な例として、同性、同年代、人間など。

  
 

テンプレ

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

http://ja.scp-wiki.net/wiki-syntax

http://ja.scp-wiki.net/how-to-write-an-scp