Fiber
rating: 0+x

アイテム番号:SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス:Keter

取扱い方:SCP-xxx-JPはその性質上収容が不可能であるため、現在24時間態勢での天体観測衛星による監視が行われています。SCP-xxx-JPが異常性を発現した場合、手順xxx-JPに従って対処してください。

SCP-xxx-JPの歪曲が観測された場合、初めに観測した機関から直ちに各国の宇宙開発機構に連絡し、手順xxx-JPの実行態勢を構築して下さい。

SCP-xxx-JPの回収計画は現在審査中です。

概要:SCP-xxx-JPは太陽系内を航行する人工衛星で、今日に至るまで打ち上げが記録されているいかなる型番とも合いません。SCP-xxx-JPは2002年6月から2003年6月にかけて地球に最接近し、その後金星方向に飛び去っていきました。SCP-xxx-JPが2032年に再び地球に最接近する可能性が高いため、回収計画案xxx-JPが提出され、現在審査中です。混乱を防ぐため、

SCP-xxx-JPが異常性を発現する前後3時間、オブジェクトは歪曲したように観測され、その後狭い範囲でありながらも、自身から相当距離離れた空間に不可視でありながら強い重力源を発生させる能力を有しています。、発生距離は最長██天文単位です。

SCP-xxx-JPは2002/9/3に発見され、それ以来SCP-xxx-JPは財団の監視下に置かれています。(観測記録-xxx-JP-1を参照)

文書-xxx-JP

混乱を防ぐため、SCP-xxx-JPを予測軌道が最も近い1969年に打ち上げられその後行方不明となったサターンVロケットの第3段ステージS-IVB-507とする。

地球に最接近したSCP-xxx-JP

警告

SCP-xxx-JP監視記録の閲覧はセキュリティクリアランスレベル4が必要です。