副題、一般人→継接ぎの群衆 :砂箱テスト

**リニューアル前

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Anomalous

特別収容プロトコル:
当オブジェクトの収容方法は、役所にある戸籍標本の写しを保管して下さい、さらに毎週月曜日には、該当する役所の潜入職員と連絡を取り、補完している写しとの違いが無いか確認して下さい。
各対象のオブジェクトの担当者は彼らの最寄りの機関で待機し、毎週ないし毎月の検診、最低でも年に1度の検診を受けさせて下さい。
現実改変能力等、何か特異的身体能力があれば、その都度に応じた薬品の投与を行うか、暗号化された処方箋を発行し、対象のオブジェクトに薬局で受け取る様、指示を出して下さい。

説明:
SCP-XXX-JPは人権的なな観点から、我々が知るごく一般的な人間の内、軽度の現実改変能力か、ある程度の特異的身体能力を有する個体に対し、秘密裏に割り当てられるオブジェクト番号です。
ただし、人が置かれる人間関係を含む環境及び、ある一定の思考を持った場合に、突如として何らかの現実改変能力や特異的な身体能力を発生させます。
そして、このオブジェクト番号はそれを監視する為に設けられた物です。その為、他のオブジェクトに従事する職員に不要な困惑を避ける為に独自に種類分けをします。

*情報伝達能力
各現実改変能力は区別する為、認識を改変するものをミーム汚染型とし、何らかの行動を改変するものに対しては、現実改変型と称して区別して下さい。
を抑制する場合は、財団が独自に配合した抗生物質を、特異的身体能力においては、その場に応じた抑制作用のある抗生物質を対象に投与する事。

精神影響型 相手が持っている認識の内、自身ないし特定の物への認識及び感情を変化させる局所的ミーム汚染を引き起こす。
現実改変型 自身の自発的ないし、潜在的に考えた内容を相手の行動に反映させるもの。

*特異的身体能力
各身体能力については、1型を通常の人間の身体能力として設定し、明らかに通常の特徴から逸脱した能力が見られた場合、以下の分類に当て嵌めて下さい。

特殊認識領域2型 認知できる色彩や臭いの種類、音の領域が通常の人よりも広い人はこの種類に分類する事。
超常代謝能力2型 異常な程の自然治癒能力や、テロメアの減少傾向が極端に低い人間はこの分類に分けられる。

各特異的な能力を持つ、SCP-XXX-JPに対する詳細な取扱いに関しては、クリアランス2を持つ職員の指示に従って下さい。

**リニューアル後

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:
対象を刺激しない様に注意し、"より詳しい検査の必要"もしくは"遺伝子疾患の発見による入院”というカバーストーリーを適用し、
最寄りのサイトに建設されている一般的な人型オブジェクト収容室に入れて待機させて下さい。
給仕の際は収容室の扉に取り付けられている搬入口から投入し、週一回の身体検査では軽武装の警備員を最大2人を収容室の内部へ入室させ、一度拘束してから検査に入る事。
現在の状況では収用違反を犯した場合、一般的な人型SCPと同じ手順で再確保に務めて下さい。

説明:
SCP-XXX-JPはホモサピエンス以外の遺伝子配列をもつ人型実体です。
その小学校のある一人の教諭から採取した遺伝子を分析した所、鳥や爬虫類に使われているZW型の性別決定機構の染色体が確認されました。
その後、詳しい調査の結果、幾つもの団体の構成員から同等の性別決定機構を持つ個体が発見されました。
これ以降、前述の特異的な能力を有している以外は何ら通常の人間と変わらないオブジェクトをSCP-XXX-JP-1と呼称し、
この様な特異的な遺伝子配列のオブジェクトをSCP-XXX-JP-2と呼称して下さい。
SCP-XXX-JP-2は血液検査の受けた人間の約██であり、その収容において彼らには、持病の悪化や詳しい検査が必要と関係者にカバーストーリーを伝えた上で、一般的な独房に収容して下さい。
収容した後のSCP-XXX-JP-2のオブジェクトは、定期的に遺伝子と体調について調査して下さい。
SCP-XXX-JP-2は1人に付き概ね人間には含まれていない生物██体分の遺伝子配列が確認され、
それらは外見上に関係なく全て人間以外の生物で構成されています。
SCP-XXX-JP-2は、人間以外の遺伝子が確認される以外は、特に特出した異常は見られませんが、彼らの置かれる社会においての立場、
および世代によって、構成される生物の遺伝子の傾向に偏りがあります。
今後の調査の為にも収容したSCP-XXX-Jp-2へ状況説明を行う場合、当人と通常の人体の相違点を説明するが、
セキュリティクリアラン2未満の職員は、セキュリティクリアランス3以上の職員の指示を仰く事。
さらに今後の検査で、遺伝子に関して特異的な異常が見られた場合、彼らの近辺調査を行い、家族や近親者が居ればその都度、その者が所属する組織に潜入した財団員との連携によって人間ドッグ等の理由で検査を行う事を推奨する。
ただし、該当する者が独り暮らしでフリーランスをやっている等の理由で組織に所属していない時は、何らかの催しを装い、居住地を出た所を見計らい確保して下さい。
一切外出しない場合は、保健所職員として訪問する等の手段を検討して下さい。なお、抵抗を行った場合には公務執行妨害などの適用を推奨します。
これらのどちらでも確保した該当者には、検査の異常性を発見できなかった場合にのみ、Aクラス記憶処理を施して元の場所で解放して下さい。

補遺:
日付20██/██/█、エージェント鳴焚からSCP-XXX-JP-2のある個体に不穏な動きがあるという報告がありました。
山之内博士らが観察した所、█████は████、█████。
███、████ █████、████████。
██████から██kmまで██████。

付録XXX-JP-02
発見される遺伝子と人型オブジェクトの傾向
今まで発見されたSCP-XXX-JP-2は、以下の様になります。
██歳~██歳までの若者とその親のどちらかないし両者共、主に食肉目に属する生物の遺伝子配列が発見される傾向にあります。
██代後半~██代の男女では真社会性の習性を持つ動物の遺伝配列が発見される傾向にあります。

rating: 0+x