冬崎徳郎の狭くて少ない引き出し。

メモ帳
証人時計、伝播時計・蒼/朱、「生きてるサインボード」→ん~ 電光掲示板系は、かぶりやすそう。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-A、SCP-XXX-JP-Bともに、電極を中性紙などの絶縁体で電極を覆った後、標準コンテナに収容したのち、電磁気遮蔽加工済み異常物品保管ロッカーに収容してください。
SCP-XXX-JPを収容するサイト-8107には、機械式・単機能の電気計器1、開封後の乾電池、充電式電池の持ち込みを禁止します。備品の整備などで必要な場合は、デジタル式の電気計器、または、テスタを使用するようにしてください。また、SCP-XXX-JP-Bの利用については、サイト管理者の許可を得てからにしてください。

説明: SCP-XXX-JPは、機械式の電気計器(以下、SCP-XXX-JP-Aと指定)と、それに接続可能な電池様実体(以下、SCP-XXX-JP-Bと指定)からなります。
SCP-XXX-JP-Aは、エージェント██が、20██/██/██に███県██市で開催されていたフリーマーケット会場で展示されていた"バッテリーチェッカ"2を購入した事で、財団が認知し、確保・収容に至りました。なお、当該出展区画を使用していた人物については、近代日本にて同姓同名の人物が確認されていますが、その人物との関係性については、現在調査中です。
SCP-XXX-JP-Aには、その起電力などを確認するなどの目的で、"乾電池"3を接続させた場合、開封直後の未使用品であったとしても、起電力がない、との理解ができる測定結果4を示す異常性が確認されています。

SCP-XXX-JP-Bは、当初、Anomalousアイテム5として、サイト-8190に収容されていましたが、SCP-XXX-JP-Aの異常性との類似が指摘され、確認実験の結果、現在の分類に再定義されました。
SCP-XXX-JP-Bには、その内容物や容積からは考えられないほど、長時間起電力を維持する事と、SCP-XXX-JP-Aの時と同様に、測定に使用した電気計器に、考えられない測定結果を示させる、との異常性が確認されています。

補遺: SCP-XXX-JP-AとSCP-XXX-JP-Bが接続されている状況下においては、受信した電波の情報がSCP-XXX-JP-Bに記録される、SCP-XXX-JP-Bを受信機の電源として使用した場合、アンテナからの入力を無視して、SCP-XXX-JP-Bに記録された情報が出力される、という異常性が確認されました。