勇海研究員の思考断片
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

スタッフの条件: O5-██の特命の下、以下の付録はSCP-XXX-JPについてまとめられました。
SCP-XXX-JP担当のスタッフは、財団に関する情報をまったく持たない人物でなければなりません。スタッフへは同じく財団に対して無知な人物を介して間接的に指示をしてください。また、親密な関係にある特定の人物(家族や恋人など)が現時点で財団の管理下にあるか、あるいは1時間以内に管理下に置くことができるという条件が必要不可欠です。なお、ミルグラム実験で72点以上であること、キーラー・ポリグラフを用いた問診で過去に虐待など特定の人物から精神的及び肉体的苦痛を与えられる機会がなかったことが確認されていることも必要です。スタッフは緊急時を除きDクラス職員から選出することが強く推奨されます。

上記条件に当てはまる人材を常に3名以上用意してください。スタッフが互いを知り合ったり、あるいは既に知り合いであった場合は、SCP-XXX-JPの担当にすることはできません。他の財団職員と個人的な関係を持った場合も同様です。
SCP-XXX-JPの担当を途中で辞めることはできません。どうしても収容任務に従わないスタッフは、収容違反の予防のために終了しなければなりません。

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは収容エリア81██内の防音処理を施したヒト型生物用収容室に保管されています。SCP-XXX-JP-Aには担当スタッフによる処置911-"毘沙ノ鼻"を1日3回より高い頻度で実行します。このとき、スタッフは指定の制服制帽を着用します。また、SCP-XXX-JP-Aに対し自分の名を名乗る他は、一言も発言してはなりません。
スタッフは処置911-"毘沙ノ鼻"を終える度、キーラー・ポリグラフを用いた問診により、SCP-XXX-JP-Aの症状を確認します。

SCP-XXX-JP-Bへの移行が確認された場合は、それを拘束し、新たなSCP-XXX-JP-Aに転移するまで処置911-"毘沙ノ鼻"を実行し続けてください。この間、SCP-XXX-JPの転移先候補はヒト型生物用収容室に収容し、SCP-XXX-JPの症状が発生次第必ず自己申告するよう命令しておく必要があります。
SCP-XXX-JP-Bの死亡後、24時間以内にSCP-XXX-JPの発生を確認できない場合は、収容違反とみなし、即応できる機動部隊、警察、公安及び理事指定の外部団体に通報し、SCP-XXX-JP-Aの追跡を開始してください。

説明: SCP-XXX-JPは昆虫の羽音および日本語音声の幻聴を主たる症状とする精神疾患です。罹患すると、音の発生源となる実体が観測できない、概ね190Hz前後の音が聞こえるようになります。

SCP-XXX-JPを罹患したばかりの人物(以下、SCP-XXX-JP-Aと呼称)は、昆虫が耳元を飛び回っているような羽音を知覚します。SCP-XXX-JP-Aはこれに強い不快感を訴え、急に振り返ったり、耳の周辺を手で払ったり、両手で耳をふさいだり、忙しく動き回ったりします。収容中であれば、自身を部屋から出すように懇願します。音は当初こそ数時間に1回聴こえる程度ですが、次第に頻度が高まります。数分に1回程度になると、SCP-XXX-JP-Aは眠ることができなくなり、体力的にも衰弱していきます。1分間に数十回程度になると妄言症状が現れ始め、最終的に音は常時、複数、大音量のものとなって、SCP-XXX-JP-Aは例外なく発狂します。

発狂したSCP-XXX-JP-A(以下、SCP-XXX-JP-Bと呼称)は、常に怯えた声で絶叫しています。部屋を転がり回る、頭を壁に打ち付ける、耳を掻き毟る、[編集済]などの行動を取り、最終的には自傷行為を繰り返すようになります。
SCP-XXX-JP-Bに変化してから24時間以内に、幻聴は羽音から人間の発する言葉に聞こえるよう変化します。それはSCP-XXX-JP-Bの苦しみに対し"復讐"をしようと持ちかけます。SCP-XXX-JP-Bはそれに応じ、同時に脳内出血と脳の機能停止を引き起こし死亡します。

SCP-XXX-JP-Bの死亡後、SCP-XXX-JP-Bが憎んでいたと思われる人物が失踪します。この現象はSCP-XXX-JP-Bと対象の人物との物理的距離に関係なく発生します。失踪者を発見できた事例は現在まで1つも存在しません。エージェント・██はSCP-XXX-JPの影響で死亡したと主張しましたが、それを支持する事象は現在までに確認できていません。
また、失踪した人物の周辺の人物に、新たにSCP-XXX-JPが”感染”することが確認されています。感染経路に関しては明らかになっていませんが、当該の人物間に物理的な接触がまったくない場合にも”感染”したケースが存在しているため、細菌やウイルスによるものではないと考えられています。

SCP-XXX-JPは██県で発生した連続失踪事件の捜査を行っていた刑事ことエージェント・██により発見されました。彼はその後、自らもSCP-XXX-JPを罹患しました。彼の全面協力によって、SCP-XXX-JPの性質及び現在の収容方法が確立されました。

補遺1: 以下の記録の参照にはレベル1セキュリティクリアランスが必要です。[更新日 20██/05/29]

補遺2: 以下の記録の参照にはレベル4セキュリティクリアランスが必要です。[更新日 2015/01/21]

警告: 以下の記録はO5-██の特命の下、検証が許可されました。分析を開始するためには指定の日本理事による許可が必要です。以下のファイルの安全性は充分に精査されていません。万全を期すため、ファイルを開く前に以下の確認をおこなってください。
1.電子ロックがかけられた指定の個室を用いており、周囲に他の職員がいないこと
2.閲覧に使用する端末がサイト81██内部のローカルネットのみに接続していること
3.自身に持病などの体調不良の症状が無く、充分に健康であること

補遺3: 映像記録0615(著者注:上部タグから参照ください)

タグメモ
scp-jp keter