i now supa hacka sando vox

財団信仰羅針盤 FRC(Foundation Religion Compass)について
概要: FRCは政治羅針盤のコンセプトを元に、財団が接触する未確認の儀式、神的実体、及びその信仰者を分類して、初期対応を容易にするため作成されました。

未知の儀式を分類する試みは財団の前身となる組織を含め幾つか行われていました。1995年、魔術物理学者のフリッグ・██████(現在はレストレンジに改姓)氏と、儀式電算学者のエイジ・ベクター氏の両者によって当時正確性を確立していた分類法~怪異なる事物についての聖帝、蒐集院、財団内のレポート1~を纏めFRCの前身となったRCT(儀式分類表 Ritual Classified Table)が作成されました。2012年、SCP-2791の収容の継続と解析アルゴリズムの効率化によりデータが蓄積されたため新たに修正と分類の細分化を行い、FRCとして更新されました。

FCRは一定の正確性を維持してますが決して客観的な測定ではなく、財団が利用できる資料を元にした経験則であるため本格的な対応、例えば収容プロトコルや研究において利用されるべきではありません。

FRCコード便覧より抜粋

第一分類(所属)
GR ギリシャ神話
NE 北欧神話
AB アブラハム神話
JP 日本神話
BC 壊れた神の教会
SK サーキック・カルト
OR 創作
EX 外宇宙(廃止予定)
NU 無色
OH 分類不能

装飾子(省略可)
m 男性(RCTではg)
f 女性(RCTではv)
h 両性
n 無性・未分類

第二分類(役割)

FRCによって分類された一例

ケース1997-058
儀式分類: GRf witchdoctor PRIE
儀式実行者: アレクサンダー・██████
説明: スミスクライン・ビーチャム(現グラクソ・スミスクライン)に所属していた研究員だったアレクサンダー氏は自身が担当していた好酸球性副鼻腔炎の抑制剤開発を支援して貰うため個人的に所有していた儀式書を用いて、ギリシャ神話の薬学の神パナケアとの契約を試みました。しかし供物として提供されるはずだったLaurus nobilisOlea europaeaと間違えたため儀式は失敗し、代償として本来のアレクサンダー氏は薬物学に関する知識を全て喪失し、アレクサンダー氏の複製された死体が12ヶ国の医療機関に提供されました。

ケース2012-100
実体分類: ORn Grandmother-spi ELEC
召喚者: 鄭 ██
シンガポールの異常芸術家、鄭氏はロシアのオイミャコン村近辺でインディースゲーム「██████」に登場する作中の神格「⊃メロウゴールド通信⊂」を召喚するために、windowsMEで動作するコンピューター20台とそれぞれFortran、C+、Pietの3つの総計2GB程のプログラムを実行させるためのWindows7コンピューターを供物かつ構成物として提供した。召喚は成功し鄭氏は(ゲーム内の設定通りであれば)契約期間の2日間に渡り日本国内のネットミームの操作を可能にし、彼の製作物であるSCP-███-JPの収容違反を促したと思われる。契約の終了から4時間後、財団は凍死した鄭氏と無力化されたSCP-███-JPを発見した。

ケース2014-156
信仰分類: NEm-ae Soldier-rap meme
信仰対象: ハロルド・オルソン
説明: ヴァージン航空の従業員23名、2014年10月31日以降にヴァージン航空を利用した37名が第二次世界大戦中に活躍したと称する実在しないイギリス空軍パイロット、ハロルド・オルソンについて好意的な感情と異常に詳細な知識を持つ事が判明しました。同日にYoutubeにアップロードされた動画「ハロウィン ハロルド・オルソンの奇行の再現」の儀式類型と彼のエピソードの分析結果は、ハロルド・オルソンは信仰を北欧神話の神ヘルモーズへと経由させるためのダミー情報であることを示しています。