伊倉の手記

この手記をサイト内で発見した場合SNSとかで拡散しちゃダメ伊倉へ届けてください。


報告書

SCP-XXX-JP


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容は現在試行されていません。SCP-XXX-JPへの侵入の経験がある財団職員またはその人物を発見次第インタビューを行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは不確定な路地から侵入することのできる異常空間です。SCP-XXX-JPは財団職員内での幼少期の記憶についての話題により発見、サイト-81██に設置された保育所の児童からの証言でその存在が明らかとなりました。

SCP-XXX-JPには20歳以下の人物が無意識的に侵入できます。SCP-XXX-JPを目的地として侵入する、侵入が成功した路地からもう一度SCP-XXX-JPへと侵入するという試みは失敗しています。SCP-XXX-JPへ侵入が成功した人物は、SCP-XXX-JPについて明確な情報を有しています。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]


SCP-XXX-JK

A████博士

人物: 博士の注意力は散漫です。彼女の研究室にはホットチョコレートドリンクを常備してください。


B████研究員

職務: A████博士の世話 ████████クラスオブジェクトの研究

人物: 彼女は読書を好みます。


C████研究員

職務: ████クラスオブジェクトの研究

人物: 彼女がSCPオブジェクトとの[削除済み]は自殺行為ではなく実験です。


エージェント・D████

職務: [削除済み] A████博士へのイタズラ

人物: 彼女は好奇心旺盛です。


エージェント・E████

職務: [削除済み]

人物: 彼女はコミュニケーションを極端に嫌います。彼女との意思疎通を行う際は筆談またはメールを行ってください。


芋煮

軍艦か屋根瓦の方です。ええ、そうです。ややこしいですね。
出来るだけ名前で呼んでもらった方がわかりやすいです。
芋煮の味付けは味噌。肉は豚。絶対にだ。


落書き帳