Inujinin
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1〜8それぞれに一つずつのアイテムロッカーを割り当て、内部に安置してください。認可の下りた実験時を除き、SCP-XXX-JP同士を接触させることは禁じられています。
1997-07追記: SCP-XXX-JPを保管するアイテムロッカー群は10m四方以上の大型チェンバー内に安置して下さい。各ロッカーの内部の樣子を常に定置カメラで監視し、SCP-XXX-JPの活性化もしくはその兆候が見られた場合、直ちに担当のレベル3職員へ報告してください。

説明:SCP-XXX-JPは大きな石の塊状の物体群です。現時点で合計8点のSCP-XXX-JPが確認されており、それぞれがSCP-XXX-JP-1〜SCP-XXX-JP-8の番号を与えられています。それぞれの特徴については表1を参照して下さい。

SCP-XXX-JPの形状はいずれも人間の形状の一部分を精巧に模しています。各オブジェクトの間に形状の重複が認められないこと、また破損箇所の状態などから、現在の状態になる以前は一つのオブジェクトであったと考えられています。復元予想によると、SCP-XXX-JPの本来の姿は全長3〜4mほどの人型と推定され、現在収容中の破片は完全な状態のおよそ60%に相当するものと思われます。また、SCP-XXX-JP-1から観察できる人相は東アジア系の精悍な男性の特徴を備えています。

表1: 収容中のSCP-XXX-JP破片一覧

番号 該当する部位 状態
SCP-XXX-JP-1 頭部 頭頂〜後頭部にかけてを欠損。
SCP-XXX-JP-2 右胸〜肩部 背面を欠損。肺を確認できる。
SCP-XXX-JP-3 左肩部 左上腕より先を欠損。
SCP-XXX-JP-4 右前腕 右上腕を欠損。
SCP-XXX-JP-5 腹部 背面を欠損。消化器類を確認できる。
SCP-XXX-JP-6 左腰部 背面、右腰部より先を欠損。消化器類を確認できる。
SCP-XXX-JP-7 左脚 左臀部を欠損。大動脈を確認できる。
SCP-XXX-JP-8 左足先 全指を欠損。

SCP-XXX-JPの素材は灰褐色のざらついた石材のように見えますが、その表面に傷をつけることは非常に困難です。工具等による切断や衝撃、薬剤による腐食は一切の効力を持たず、唯一SCP-XXX-JP同士の接触によってのみ互いへの損傷が確認されました。接触によって得られた剥離片を顕微鏡によって観察したところ、結晶構造の見た目に安山岩との類似点が見られました。—-

その材質の堅牢さにも関わらず、SCP-XXX-JP各部には一般的な生物のそれと類似した生理的動作が確認できます。顕著な例として、SCP-XXX-JP-2の裏から観察できる"肺"にあたる空間はおよそ2時間40分をかけて膨張し、同じ時間をかけて収縮することを繰り返しています。全ての破片は運動能力を有しており、しばしば僅かにその組織をよじる動作を見せます。音や光などの刺激に対する暴露、また組織を破壊する試みへの反応は一切見られませんでした。

また、複数の関連文章の記述により、SCP-XXX-JPにかつて活性状態が存在した活性状態が存在する可能性は非常に高いと考えられています。SCP-XXX-JPの活性化が起きたとされている時期はいずれも記録された██山の火山活動周期と非常に近似しています。また関連文章に██山の名前が繰り返し記述されていることを踏まえ、活性化と██山の火山活動には強い因果関係があるとする説が有力視されています。

過去に記された活性化らしき現象についての記述は、以下に添付の関連文章から参照できます。いずれの文献も古く、また表現された内容の信憑性は一定の域を出ませんが、これらから過去のSCP-XXX-JPの活動時期を推定することが可能です。

(注2

少なくとも西暦900年頃、SCP-XXX-JPは既に当時の対異常オブジェクト団体であった陰陽寮(おんようのつかさ3)によって発見・収容されていたと考えられています。このSCPの正確な出自は未だ断定されていませんが、関連する文章の出土状況などを鑑みるに、日本の中部地方、現在の██岳にまつわる信仰の流れと関連があると考えられています。SCP-XXX-JPは世間から秘匿されたまま数百年保管され、[削除済み]を経て現在のSCP日本財団へと管理が引き継がれました。

補遺: 1997年7月19日、前日には閉じていたSCP-XXX-JP-1の瞼が僅かに持ち上がり、眼球部が露出していることが確認されました。SCP-XXX-JP-1を様々な位置や角度に移動して観察したところ、眼球は一般的な生物と同様のなめらかさで回転し、常に同じ一地点へその正面を向けていることが確認されました。計算の結果、この地点は北緯35度21分/東経138度43分付近、すなわち██山の中央付近と推定されます。

これまでSCP-XXX-JPは休眠状態にあるとされており、長きにわたってSafeクラスに位置づけられていました。しかし現在活性化の可能性が高まっていること、また関連文章-23の記述に見られる活性化時の潜在的な脅威性を汲み、実際の活性化が確認される前ながらもオブジェクトクラスの見直しが行われました。