KMZKのメモ帳
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-8149の静物収容ロッカーに、五十音順にナンバリングされた状態で収容されています。実験を行う際はセキュリティクリアランス3以上の職員二名以上に許可を得て、監視の上で、Dクラス職員を用いて行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、およそ6500本ほどの、一般的な見た目をしたプラスチック製印鑑です。現在、高さ180cm、縦、横80cmの、一般的な見た目をした回転できるスタンド型の印箱に収納されています。このスタンド型の印箱には異常性が確認されていません。
19██年█月、██県██市のスーパーマーケット近辺で不審な事故が多数報告されたことから、収容に至りました。なお、収容された際、印箱の側面の穴には空白の部分が存在しており、57本のSCP-XXX-JPは既に販売されていたと考えられています。後の捜索で一部のSCP-XXX-JPは発見されましたが、現在も18本が発見されていません。これらのSCP-XXX-JPが流通したにも関わらず発見報告がされていない理由は、「一度も使われていないままに紛失、あるいは破棄されたから」であると考えられています。
SCP-XXX-JPは通常の印鑑と同様に押捺することが可能ですが、その際、印鑑を押捺した人物(以下、被験者)に特異な反応が見られます。被験者はSCP-XXX-JPを押捺した後、決まってそのSCP-XXX-JPに彫られている苗字に対して、オブジェクトが一般的な苗字であるにも関わらず「変わった苗字である」という旨の発言をします。しかし、発言することが困難である場合はこの限りではありません。
さらに、被験者は自分が押捺した苗字を持つ全ての人物について完全に忘却しているらしいことがこれまでの実験から判明しています。ここで忘却した人物にその後会うことや、その人物についての説明を行うことなどによって新しく記憶を作ることが可能ですが、この場合も押捺時に失われた記憶を復元することはできません。

補遺1:  実験記録

補遺2: 追加実験記録