kurokurage0125
rating: 0+x
OwmjUk8m7EG2tNz1444475342_1444475489.png

二度目の発生時のSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上、永久的な収容は不可能だと考えられます。仮に収容方法が発見された場合Aクラス職員の指示の下で特別収容プロトコルが実施されます(現在SCP-XXX-JPの位置は不明です、発見次第SCP-XXX-JPより半径100以内を立ち入り禁止区域に指定し、SCP-XXX-JPにより起こったとされる矛盾は削除されます)。なおSCP-XXX-JPに対する実験は現在禁止されています(実験記録参照)。

説明: SCP-XXX-JPは約半径1.5mの空間異常で約3ヶ月の周期でランダムな位置に移動すると考えられています。SCP-XXX-JPは実体や質量がなく、直接的な目視では確認が不可能なため移動した場合発見が非常に困難です(SCP-XXX-JPは静止画でのみ目視が可能です、その場合SCP-XXX-JPは渦のような外見をしています。なお、その他の方法は現在発見できていません)。

SCP-XXX-JPの特異性はSCP-XXX-JP内部に生物が侵入したときに発生します、SCP-XXX-JP内部に対象が侵入すると、対象および対象に関わる家、日常品、戸籍、対象に関わった生物の記憶などがすべて消失し、同時にSCP-XXX-JP内部から対象とは異なる生物(以下SCP-XXX-JP-1)が出現します(出現する生物に規則性はなく、異なる種が発生する場合もあります)。SCP-XXX-JP-1が発生するとSCP-XXX-JPに関わる家、日常品、戸籍、SCP-XXX-JP-1に関する記憶などがランダムに発生します。しかし、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1に関する情報に矛盾を生む場合があり、その種類は記憶から物理的なものまで様々です。

SCP-XXX-JPは最初、19██年██月██日に██県██市にある有名心霊スポットの存在を財団職員が聞きつけ調査したところSCP-XXX-JPが発見されましたが、当時はSCP-XXX-JPの特異性が発見できずSsfeクラスの分類となりました、しかし19██年██月██日にSCP-XXX-JPが上記の場所から消失したためNeutralizedクラスに再分類されました、その後20██年██月██日に財団職員と名乗る男が現れましたが男の名前は財団に登録されていませんでした。財団が男の近辺を調査したところSCP-XXX-JPが再発見されました。さらにSCP-XXX-JPの近辺には記憶や物理的な矛盾が多々あり、上記の特異性が明らかになりました(実験記録参照)。これによりSCP-XXX-JPはKeterクラスに再分類されました。

補遺: SCP-XXX-JPに対する最後の実験の17日後にSCP-XXX-JPは再び消失しまし、それ以降SCP-XXX-JPは目撃されていません。SCP-XXX-JPは再び移動したと考えられます。

補遺2: SCP-XXX-JPの一度目の発生場所を財団が再び調査したところ████研究所と書かれた廃墟から、SCP-XXX-JPに関する内容だと思われる観察記録が発見されました。