予稿集
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト-███の標準人型収容室に収容されています。現在、レベル4以上の職員の許可なしにSCP-XXX-JPと面会することはできません。また、レベル5以上の職員の許可なしにSCP-XXX-JPに何らかの情報を与えてはいけません。SCP-XXX-JPと面会する場合は、必ず内容を録音することが義務付けられています。

説明: SCP-XXX-JPは、推定30才前後のやや痩せ型の日本人男性です。本名は不明で、自らをSCP-XXX-JPと呼びます。外見に異常性は無く、財団に対して協力的な態度を見せています。SCP-XXX-JPは19██年█月██日に使用されていなかった213号収容室に突如として出現し、そのまま財団の保護化に入りました。

SCP-XXX-JPは、前日までに起きた出来事を記憶しておくことができません。その代わり、翌日以降の出来事に関する記憶を保持しています。SCP-XXX-JPの証言では“朝起きると世界が1日戻っている”と主張していますが、時空間異常は確認されていません。SCP-XXX-JPのこれまでの予言は全て的中していますが、予言の結果を変えようとする試みは全て悲劇的な失敗を産みました(補遺-XXX-Bを参照)。これらの事象がSCP-XXX-JPの能力に依るものなのか、単にSCP-XXX-JPが未来を知っているだけなのかは未だ判別できていません。

SCP-XXX-JPは初対面の人間に対して比較的馴れ馴れしく接し、収容措置に対しても概ね満足している様子です。レベル2以上の職員の許可があれば、自由に面会をすることができます。ただし、SCP-XXX-JPに“はじめまして”と挨拶された対象はその後SCP-XXX-JPに接触を試みてはいけません。もし接触しようとした場合、対象の死亡という結果になります。

追記: 20██年█月以降、SCP-XXX-JPは段々と未来に関する記憶を喪失していき、█月█日には自分自身や財団に関する知識などを全て喪失しました。その翌日SCP-XXX-JPは突如としてSCP-███とSCP-███に関する極秘情報と破滅的な████について話し始め、それを聞いた職員と共にクラスA記憶処理を施されました。しかし、その翌日以降もSCP-XXX-JPは極秘情報とそれに関する警告を職員に伝えようとし続け、更なる記憶処理の試みは失敗に終わりました。深刻な情報漏洩とミーム汚染を防ぐために、現在SCP-XXX-JPとの面会は原則的に禁止されています。

補遺XXX-A: SCP-XXX-JPとT博士の最初のインタビューログ

<録音開始>

T博士: それでは、記録を開始します。あなたの名前は何ですか?

SCP-XXX-JP: 私はSCP-XXX-JPだよ。

T博士: その番号は現在使用されていません。

SCP-XXX-JP: 私がその番号に当たるんです、T博士。

T博士: なぜ私の名前を?

SCP-XXX-JP: 君に教えてもらったんだよ、ずっと昔にね。それより、私はこれからどうなるんだろうか。

T博士: 我々が責任をもって保護します。多少の自由は諦めてもらうかもしれませんが、全てはあなたの協力次第です。

SCP-XXX-JP: いや、そういうことではなく…私は昨日までどこに居たんだ?

T博士: それは我々が聞こうとしていたことですが。覚えていないのですか?

SCP-XXX-JP: わからない。不安で仕方ないよ。

T博士: 大丈夫です。これからは我々に任せてください。

SCP-XXX-JP: T博士、君ともこれで最後か。今までありがとう。

<録音終了>

補遺XXX-B: SCP-XXX-JPの予言能力に関する検証実験

実験①

日付: 19██/██/██

実施者: T博士

質問内容: 「T博士は翌日も面会に来るか」

回答: 「ええ、昨日も来ました。大分慌てている様子でしたが」

実験内容: T博士は翌日SCP-XXX-JPの収容室には行かず、サイト-███のオフィスで業務を行う

結果: SCP-████-JPの深刻な収容違反が発生し、オフィスで██名の死傷者が出た。T博士はSCP-████-JPに追い込まれる形でSCP-XXX-JPの収容室に命からがら逃げ込んだ。

実験②

日付: 19██/██/██

実施者: K研究員

質問内容: 「翌日に東京競馬場で開催される████杯の着順について」

回答: 「すみませんが、憶えていません」

実験内容: 翌日判明した着順をSCP-XXX-JPに知らせる

結果: K研究員は翌日出勤途中に交通事故に巻き込まれ死亡。その後該当情報を伝える試みは失敗し続け、実験開始から4年3か月後に初めて成功した。

実験③

日付: 19██/██/██

実施者: D-XXX012

質問内容: 「D-XXX012に会ったことはあるか」

回答: 「会ったことはありませんよ。どうも初めまして」

実験内容: D-XXX012を翌日も収容室で面会させる

結果: 翌日未明、Dクラス収容房でのガス爆発事故によってD-XXX012は死亡。遺体は識別できないほど損壊した。

実験④

日付: 19██/██/██

実施者: D-XXX015

質問内容: 「D-XXX015に会ったことはあるか」

回答: 「確か三日ほど前に一度」

実験内容: D-XXX015を退室後に射殺する

結果: [削除済み]