lockerのロッカー
rating: 0+x
{$name}

発見時回収されたSCP-415-JP群

 
アイテム番号: SCP-415-JP
 
オブジェクトクラス: Euclid
 
特別収容プロトコル: 全てのSCP-415-JP実体は高気密の耐火収容室に収容し、専用に開発された対煙中和剤の撒布装置を2基設置してください。撒布装置には煙感知器を取り付け、煙を感知し次第、最低2時間は対煙中和剤の撒布を継続させてください。
SCP-415-JP収容室には、人間が出入りできないように出入口は設けず、SCP-415-JPの取り出しには基本的に専用のロボットアームと、二重扉の小型取り出し口を使用してください。
収容室内部の各機構の点検と修理にも、この小型取り出し口から有線操作のロボットを投入して行ってください。
 
被験者、もしくは被害者は必要なデータの取得と経過観察を完了した後に、処分してください。その際には、対煙中和剤を用いて体内除染を行ってください。
SCP-415-JPを用いた人体実験は、必ず収容室と同様の気密性と撒布装置を備えた屋内で行い、SCP-415-JPの煙が漏出しないよう最大限の注意を払ってください。
実験終了後には、実験室内部の壁、床、天井を含んだ全物品を対煙中和剤で除染してください。
 
説明: SCP-415-JPは複数銘柄と一致する外見的特徴を持ち合わせた煙草です。外見、または触覚、嗅覚等の感覚的な判別に於いては通常の葉タバコが用いられているように感じられますが、実際の素材は乾燥し、着色された人間の脳組織と肺組織によって構成されています。
SCP-415-JPの異常性はSCP-415-JPが着火された事によって発生する主流煙、もしくは副流煙を人間が吸引した際、その人間(以下「被験者」と表記)に表れます。
被験者は初吸引後、複数のステップを経て最終的に死亡します。ステップは経過時の環境、もしくはSCP-415-JPの使用の有無、頻度によって分岐するものであることが確認されていますが、いずれの場合であっても被験者の死亡という結果を引き起こします。
以下は、その分岐の中でも、SCP-415-JPが一般社会へと漏出した場合に多発するであろうと思われるルートのステップを述べたものです。

  1. 未解明の原因により、被験者の脳脊髄液が硬膜を透過し顔面方向へと浸透。両眼窩、鼻孔、口から漏出する。その間、被験者は頭部の激痛を訴える。脳脊髄液は約2時間後に全て漏出するが、SCP-415-JPの主流煙を吸引することで進行は遅行化する。SCP-415-JP主流煙の吸引を2分以上停止した場合、即座に全ての脳脊髄液が流出する(この時点でSCP-415-JP主流煙の吸引をさせなかった場合、脳脊髄液が全て流出することによる頭蓋底部の硬膜への圧力と脳そのものへの損傷による障害・出血による脳機能への障害によって死亡する
  2. 頭痛の症状が緩和するが、被験者は落ち着かず、強いストレスの徴候が現れる。また、被験者の軟口蓋部が上方へと穿孔するかのように溶解し始める。被験者をこの現象を知覚していないように見える。溶解は、孔が後頭骨から頭蓋腔へ達した時点で停止。溶解による血管への損傷は「火傷のような痕跡」によって塞栓されるため、出血は軽微。