色々ご指南いただきたい物共置き場

右も左もわかりませんが、精一杯頑張ります。

評価: 0+x

 
%E3%82%A2%E3%82%A4.jpg

左右の眼球に変身中のSCP-XXX-JP-1(右)及びSCP-XXX-JP-2(左)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル:

事件記録XXX-JP以降、サイト-81██の崩壊と共にSCP-XXX-JP-1は行方不明となっていますが、その性質から日本国外へ逃れた可能性は極めて低いと思われます。有力と思われる情報を得た場合はすぐに特別調査班に報告してください。

SCP-XXX-JP-1の出現が確認された場合は直ちに最寄りの対SCP-XXX-JP-1装備を所持した制圧部隊を現場に向かわせ、対象を一時的に無力化させた上で捕獲し、太平洋上のI5サイト-81██への再収容を行ってください。SCP-XXX-JP-1の無力化が困難であり、尚且つさらなる逃亡を許す可能性が高い場合、個人の判断で対象を終了させるよう各部隊員に指示してください。

説明:
SCP-XXX-JPはそれぞれ質量7kg程度の未知の物体で構成されたSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2の、一対の存在から成るアメーバ状の知的生命体です。基本透明ですが、SCP-XXX-JP-1は薄い橙色でやや縦長の形状を維持するように、SCP-XXX-JP-2は薄い桜色でやや横長の形状を維持するようにうごめいています。基本的にこの状態は"通常時"と呼ばれます。"通常時"は一般的なバスケットボールとおよそ同じ大きさです。

SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2はどちらも認識したものに自由に変身できる能力を有しています。文化包丁のような簡単な作りのものから、携帯電話や自動車のような精密機器にも変身し、自律的に操作させることも可能です1。しかし、SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2は機械などの無機質なものに変身するよりも、人間などの動物の「つがい」に、あるいは眼球などのように一対である物体に変身することを好みます。「つがい」に変身する場合は必ずSCP-XXX-JP-1が模した生命体の雄に、SCP-XXX-JP-2がその雌に変身します。

インタビュー記録-いにより、SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2は人間と大差ない知性と精神構造を有していることが分かっています。しかし、人間と違い一度認識した物事は基本忘れないといいます。この証言は簡易な記憶力テストによって高い信憑性を持っていることが確認されました。どちらも最小でノミほどの大きさのものに、最大で19階建てのマンションほどの大きさのものに変身できることを開示しています。それらの証言の真偽は不明ですが、最小でおよそ縦1mm×横3mm×高さ2mmの物に、最大でおよそ縦20m×横13m×高さ56mの物に変身できると推測されます。大きさにかかわらず翼を持つものに変身し、飛行することは体力の極端な低下を招くため、不可能であるとも明言しています。過去に説得によってSCP-XXX-JP-1には一般的なニクバエ属(Sarcophaga similis)に、SCP-XXX-JP-2には財団所有の株式会社で開発された手のひら大のラジコンヘリに変身させ、飛行を試みさせたことがありますが、どちらもフラフラと降下上昇を繰り返した末に20秒程度で墜落しました。その後両対象は"通常時"に戻り、形状を保つ行動もせずに2時間弱の間くたびれたように活動休止しました。動き出した後に人間に変身し「この実験はできれば二度と行わないでほしい」と担当職員に告げました。

SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2は互いに引き離されることに強い抵抗を見せ、常に寄り添って活動することを好みます。かつてSCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2を引き離しての実験が行われようとしたことがありますが、その際に両対象は提案した職員たちに強い敵意を示し、職員の生命を脅かす旨の脅迫を持って実験の中止を強く呼びかけました。それ以降、SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2を引き離して行う実験は全て棄却されます。

補遺-ろ: 201█/██/██に発生した事件記録XXX-JPにより、SCP-XXX-JP-1はオブジェクトクラスKeterに、SCP-XXX-JP-2はオブジェクトクラスNeutralizedにそれぞれ再分類されました。

—-
ここから練り直し

事件記録XXX-JP:
これによりサイト-81██は崩壊、勤務していた職員は██████博士を含め全員が死亡しましたが、監視カメラの記録映像が音声付きで残っていたため、事の顛末を確認することが出来ました。以下はSCP-XXX-JP-1が収容違反を起こすまでの映像記録を文字に起こしたものです。


14時20分08秒: SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2対策の海水を████研究員が運搬している。

14時20分13秒: 猫の「つがい」に変身して散歩中だったSCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2が████研究員とすれ違い、互いに会釈して素通りしようとする。

14時20分16秒: ████研究員が同サイトに収容されていたSCP-███-JPの想定外の活性化と思われる影響を受けて精神錯乱状態に陥り、SCP-XXX-JP-1に海水を噴射する。

14時20分20秒: SCP-XXX-JP-2が瞬時に巨大な鍋のようなものに変身し、SCP-XXX-JP-1をかばう形で海水を浴びる。

14時20分23秒: SCP-XXX-JP-2は金切り声のような音を上げ、"通常時"に戻る。SCP-XXX-JP-1も"通常時"に戻り、慌てるようにSCP-XXX-JP-2の周りを移動し続ける。

14時20分31秒: もだえ苦しむような仕草の後、SCP-XXX-JP-2は完全に液化し、活動停止する。

14時21分16秒: SCP-XXX-JP-2が破壊された後にSCP-XXX-JP-1は動きを止め、数十秒間"通常時"のまま悲鳴のような音を発する。

14時21分20秒: SCP-XXX-JP-1は音を発したまま体組織の半分ほどを触手で自在に動く27本の日本刀に変形させ、████研究員を殺害する。

14時22分57秒: ████研究員の死体が[削除済]まで破壊されたところでSCP-XXX-JP-1は攻撃を止め、液化したSCP-XXX-JP-2の元へ近づく。

14時23分19秒: SCP-XXX-JP-1はしばらくの間その場で形状を様々に変化させる複雑なうごめき方をした後、再び悲鳴のような音を数十秒間発し続ける。
この時点で監視カメラの映像を確認していた職員から通報を受け、駆けつけた機動部隊数名が映像の端に見えている。

14時23分23秒: 即座にSCP-XXX-JP-1は巨大な[編集済]を模したと思われる物体に変身し、サイト-81██の天井を突き破る。

14時23分30秒: サイト-81██が崩落を始め、巨大化を続けるSCP-XXX-JP-1と瓦礫に押しつぶされる機動部隊員がが映る。それからすぐに監視カメラが大きく傾き、状況の確認が不可能になる。


監視カメラから判明した情報は以上ですが、その後SCP-XXX-JP-1はサイト-81██を徹底的に破壊しました。それに伴い、SCP-███-JPを始めとする4つのSCPオブジェクトが収容違反を起こし、また予期せぬ活性化を起こし、████研究員を錯乱状態に陥れたと思われるSCP-███-JP及びSCP-███-JP、SCP-███-JPの3つのSCPオブジェクトがSCP-XXX-JP-1により破壊され、Neutralizedに再分類されました。ただちに追跡部隊により収容違反を起こしたSCPオブジェクトの内3つは再収容されましたが、SCP-███-JPとSCP-XXX-JP-1のみが現在も逃亡中です。

サイト-81██に甚大な被害を及ぼしたSCP-XXX-JP-1は████研究員の血液を使って壁面に財団へのメッセージと思われる文を書き記した後に変身能力を駆使し、人工衛星の追跡から逃れました。追跡部隊によるおよそ半日間の捜索の後、周囲4平方kmに6台のヘリを使用した大規模な海水及び海水を模した食塩水の散布が行われましたが、SCP-XXX-JP-1を発見することはできませんでした。

以後、SCP-XXX-JP-1はオブジェクトクラスKeterに再分類されました。サイト-81██は破棄され、変身したSCP-XXX-JP-1を目撃した一般市民への大規模な記憶処理及びカバーストーリー”火力発電所の事故”の流布が行われました。