Oyorun

[[tabview]]
[[tab SCP-XXX-JP 恥好きの魔女]]

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: SafeEuclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP担当部門へ配属される人間はXXX-JP試験を受け、XXX-JPα級担当資格を持った職員が担当してください。
 SCP-XXX-JPはセクター内の収容室にて50cm以上の高さに鋼鉄製ワイヤーで40cm×40cm×40cmの厚さ15mm防音処理済み強化プラスチック製収容箱を天井の蓋を開放した状態にしておき常に監視カメラで監視を行い収容します。
 監視中SCP-XXX-JPからの要求があった場合のみ収容箱からの収容室での行動をセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の判断で許可して下さい、またこの際必ず1人の職員を同行させてください。
なお深夜午後11時から午前3時までは蓋を閉め、例え何があっても外に出してはいけません。
 勤務中にSCP-XXX-JPへの強い感心が沸いた職員はすぐに上司にそのことを伝えるようにして下さい1直ちに別部門に異動させ定期的に精神鑑定を行い、問題が無いと判断された場合に元の部門に戻します。

説明: SCP-XXX-JPは東京都████にある模型店██████の店長から「お客様同士のの喧嘩が最近激増し、傷害沙汰になりかけた」との報告を受け店を調べた結果、倉庫で在庫のフィギュアに隠れた状態で発見されました、その時既に活性化していたため(詳細は発見時記録XXX-JPを参照)騒ぎが収まった後エージェントによってその場に居合わせた人間にB級記憶処理を施し、カバーストーリー流布してオブジェクトを回収しました。
 SCP-XXX-JPの見た目は高さ15cmの金髪で一般的な魔女の格好をしたフィギュアで、意思を持っており意志疎通可能な事と、生物に近い肌触りがする非常に堅牢な、未知の素材で出来ている事以外は他のプラスチック製フィギュアと同じです。
尚このオブジェクトと同一の形状および異常性を持ったフィギュアは今のところ見つかっていません。
 SCP-XXX-JPの活性時には半径約15~30m内の範囲に入った人間の内ランダムで対称を選びその対称者の記憶内にあるトラウマの記憶や重要機密などを恥の記憶として覚え、無意識に大声で暴露するかのように語り始めたり、リズムをつけて歌い始めます、ただし何を基準として恥ずかしい記憶としているかは不明な他、どの様に記憶を探っているかも不明です。
 活性化の条件は今のところ不明な上SCP-XXX-JPそのものもいつ活性化するかを把握していないのですがいくつか観測されたものとして

・最低限人間的生活が出来ている(特に運動関係)2
・休日である

・オブジェクトが何らかの形で隔離されている

主にこれらの条件で頻度が増減するようです(これ以外にも存在する可能性あり)
活性化中に対象者が範囲外に出ると活性化を止めます、大体1日に3~7人程の記憶を覚え暴露します。
 夜中になるとSCP-XXX-JPは睡眠に似た行動をしますが時折夢遊病患者のような足取りで徘徊し、手当たり次第視界に入った人物の恥の記憶を喋りだし喋られた人物は次の日から重度の鬱病にかかります、この夢遊病のような現象はどういった条件で発生するかは不明です。SCP-XXX-JPが活性化し始めると範囲内の対称者は例え耳栓を付けていようとヘッドフォンを付けて大音量で音楽を聞いていても急激に身体能力の異常発達、知能低下及び極度の興奮状態になります、この状態になった対象者は活性化を何としてでも止めようとSCP-XXX-JPの元へ行き、最初は強く抗議し時間が経過するにつれ暴力的手段を使用してまで止めようとします。SCP-XXX-JPが活性化を止めた後約10分~2時間は周囲の人間に対して執拗に暴力を振るい続けた後、精神状態が元にもどりますが対象者は重度の疲労感を訴えたりSCP-XXX-JPに対して感心が沸き始めます。身体能力の異常発達の度合いは個人差があり、ほとんど変わらない者から鉄板を殴って穴を開ける対象者も現れています詳しくは実験記録XXX-1を参照して下さい。

実験記録XXX-1 - 日付20██/██/01

対象:SCP-XXX-JP
実施方法:エージェントの報告にあった精神汚染に近い症状を確認するためDクラス職員をSCP-XXX-JPの近くに立たせる
結果:SCP-XXX-JPは突如過去に犯してきた犯罪を語りはじめ、近くに立たせたDクラス職員は焦りだし止めさせるよう怒鳴りだし最終的に理解不能な言葉を発しながら周囲の壁を殴り始めました
分析:報告にあった通り精神的異常をきたし暴力行為にまで走りはじめた尚SCP-XXX-JPが語った犯罪は全てDクラス職員の犯した犯罪と全て一致しました。

実験記録XXX-2 - 日付20██/██/05

対象:SCP-XXX-JP
実施方法:二人のDクラス職員を用意し一人に耳栓を付けさせオブジェクトから離れて立ってもらい、もう一人には好きな曲をヘッドフォンで大音量にして聞いてもらいオブジェクトの近くに立たせた。
結果:SCP-XXX-JPは2日前にポエムを考えた等の話を喋り始めDクラス職員は二人共、SCP-XXX-JPの声は聞こえていなかったと証言していますがヘッドフォンを付けた方のDクラス職員が耳栓を付けたDクラス職員に殴りかかり二人は取っ組み合いの喧嘩を始め、最終的に近くの鉄製通気孔に拳がぶつかった際に穴を開け、二人は骨折などで治療受ける事になりました。
分析:範囲内なら例え聞こえていなくても精神に異常をきたし二人以上範囲内にいる場合は範囲内の人間同士で争いを始めることが分かりました

実験記録XXX-3 - 日付20██/██/11

対象:SCP-XXX-JP
実施方法:SCP-XXX-JPを防音実験室に長時間隔離しておき、範囲外で緊急時に備え5人のDクラス職員を待機させる。
結果:声も聞こえず範囲外で待機していたDクラス職員は1時間が経過した瞬間、急にドアに群がり未知の言語を叫びながらドアを力ずくで開けようとし始め、約2時間集まってきた他の職員と共にドアを開けようとしたため、急遽鎮圧部隊が投入されましたが投入された部隊の構成員も職員と同じようにドアを開けようとしました。約3時間後に正常な状態に戻りましたが、群がっていた職員の半数近くが圧迫骨折等で重軽傷を負っおており意識が回復した者から順に話を聞いてみると統一性は低いものの「何故だかSCP-XXX-JPをあそこから出ことだけしか考えてなかった」という発言をしています。
分析:範囲外であってもSCP-XXX-JPが何らかの隔離を受けた場合に限り効果範囲が拡大し、隔離を解こうとするように範囲内の人間を操作することがわかりました。

このため通常の収容ロッカーでの隔離方法から現在の方法に変わり、上記の現象が発生した場合でも効果範囲、活性化時間が小さくなりました。

実験記録XXX-4 - 日付
20██/██/██

対象:SCP-XXX-JP
実施方法:耐久性を調べる為に上半身のパーツと下半身のパーツの間にロボットアームの先に装着されたドリルで穴を開ける。
結果:実施しようとロボットアームを動かしフィギュアの腹部にドリルが当たったところ突然部屋に入って来たオブジェクトの影響を受けたDクラス職員が妨害を行いドリルは大破Dクラス職員は[データ消去済み]されました。
分析:このオブジェクトは非常に高い防御能力があると思われます、尚終了したDクラス職員は[編集済み]されました。

これ以降の実験は例外を除き禁止されました