ryoh_10
rating: 0+x
SCP-648.jpg

SCP-648背後の生け垣迷路内部写真。

SCP-648- The Labyrinth(迷園)

Item #: SCP-648

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-648の移動は不可能であり、現状維持のために無期限に封鎖された補助的な入り口で遮蔽した上で現地にて収容されています。武装し、現地の作業員に扮したが最低2人の覆面警備員が常に勤務しなければなりません。また、SCP-648への接近を試みた者は尋問のために拘留されなければなりません。

SCP-648内部の探索や実験は最低1人のレベル4職員からの事前認可を得られた場合のみ行うことができます。

説明:
SCP-648は[データ削除済]近くの███████ █████生け垣迷路への隠された入り口です。この入り口の存在についての公式記録は存在しないにもかかわらず、SCP-648に残された痕跡はSCP-648がこの迷路の建設直後に編入されたことを示しています。
被験者がSCP-648を通じてこの迷路に入った際に、彼らは現実の迷路から切り離された領域外の次元にある空間のような所へと移動させられました。今のところいくつかの奇妙な特性がこの迷路に見られました。:

  • SCP-648を通じて入った迷路内ではSCP-648内部に関する遠隔記録行為への妨害や電波送信の遮断によって情報伝達が阻止されます。
  • SCP-648を通じて入った迷路内の大きさは███████ █████生け垣迷路の大きさと一致しません。有人探査により14平方キロメートルを探索しましたが,迷路の出口や端へと到達することはありませんでした。
  • SCP-648内の迷路の地形や配置は時折変化しますが、それぞれの配置変化間の時間を予測することは不可能です。これらの変化の継続時間は最短で約5日間であり、長くて50日間、目立つ変化の無い状態が続きます。またこれらの変化はこの迷路の出口を断絶する恐れがあり、その際に迷路内に入っている者は閉じ込められることとなります。
  • この迷路内の空間は永続して黄昏時であり、明瞭な太陽や月や星、その他の天体に関するものは認められません。またこの迷路内は常に霧に包まれており、人々の視界は10-20m以下にまで狭められます。
  • 探索チームは迷路内の入り口から2km以上離れた地点で生きている生物と遭遇しました。これらの生物は[データ削除済]のような容姿をしており、非常に危険な存在であることが証明されています。迷路内でこれらの生物に遭遇した場合、全てのチームは出来うる限り彼らから逃げるようにしてください。

財団がSCP-648に注意を払うようになったのは 19██/██/█に2人の子供が奇妙な入り口を発見し、その中へ消えていった後からです。2人の子供達の両親と数人の目撃者には記憶処理を施し、カバーストーリーを植えつけました。

補遺648-01:初回探検時の事故記録
迷路内部からの無線信号の送信が不可能であるため遠隔操作による迷路内の探索は失敗に終わり、有人による探索がO5-█により承認されました。そして機動部隊(MTF)隊員の[データ削除済]の指揮の元,エージェント █████ K████の主導で、200█/█/██探索が行われました。約3km迷路内を横切った後探索チームはやかましくい吠える[データ削除済]に遭遇し、襲われました。エージェント達は個々が装備していた火器を用いてその生物を処分することができましたが、近くから更なる[データ削除済]の接近音が聞こえたため、今後の分析の為に使用するいくつかのサンプルの採集を諦め退却しました。エージェント K███ は更なる探索の為に火器の火力を上げることを要求しました。

補遺648-02:探索記録、██/█/200█/██/█
Dクラス職員を利用した迷路の壁の測量が試みられました。壁の滑りやすさや棘や[データ削除済]の存在により測量はかなり難航しましたが、最終的には500m以上もの長さを持つ高強度のロープを壁に取り付けた後に被験者D-6443が測量を完成させました。
約2mしか離れていないにも関わらずD-6443の声はとても遠く、小さく聞こえたことを実験チームは記しました。

D-6443は付近のエリアの探索を命じられ、抜け道を探しだそうとしました。およそ18分後に350m強のひもの長さが足りなくなりました。その後突如ひもはピンと引っ張られ、すぐさま緩められました。回収した際にそのひもはすっぱりと切断されており、D-6443の痕跡は見受けられませんでした。

迷路の壁の更なる測量は中止されており、発生しうる矛盾した空間的特性についての調査は依然延期されたままです。

補遺648-03:事件記録、200█/██/█

有人探索が行われている間、█ヶ月近く前に行われた前回の探索の際に予期せぬ迷路内の配置変化のため行方不明になっていたエージェント████ M████が発見されました。エージェント M████は衣服が乱れ、ひどくやせ衰えおり、また、彼の所持品や衣服は喪失していたり、ひどくボロボロになっていたりしました。彼は「君たちは実在しない、君たち全員誰も実在などしていないのだ!」と探索チームに叫んだかと思うと迷路のより奥へと走っていきました。
探索チームはエージェントの追跡の中止を宣言され、帰還を言い渡されるまでのおよそ20分間追跡を試みました。

補遺648-04:事件記録、200█/██/█

200█/█/██、SCP-648収容所に裂け目があることを報告されました。到着時、エージェントはこの収容所は収容所内部から攻撃を受けていることを発見しました。改定収容案は検討中で、通告があるまでは警備員を増員するという措置が執られます。

SCP-734_1.JPG

動脈カテーテル挿入前の“お遊戯時間”中のSCP-734。

SCP-734 - The Baby(赤子)

Item #: SCP-734

Object Class: Keter

取扱方:
SCP-734の収容エリアに入る職員は機密性の防護服を着用しなければなりません。また、SCP-734との身体的接触は許可されません。SCP-734と身体的接触を持った場合はすぐさまにこのエリアから移動させられ、経過を観察するために隔離施設へと移動されます。収容エリアを出る許可が降りる以前に実験エリア内全ての所持品に対して殺菌処置が施されなければなりません。

SCP-734に対して動脈カテーテルを使用した採血を1日1回行ってください。その際の採血の量は月に一度の再評価を経て決定されています。カテーテルは清潔に保つために手入れされなければならず、1日に3回手入れしてください。採血された血液はすみやかに封をされ、またその血液が極低温保管庫へ入れられる前にコンテナ内は殺菌処置を施されなければなりません。血液はおよそ5年間保管され、その後焼却されます。血液使用の要求は監視官に対して提出されなければなりません。

SCP-734はいつ何時でも防護服を完全装備した担当者を傍に待機させなければならず、担当者は4時間ごとに交代されなければなりません。SCP-734への干渉は防護服を完全に装備した時のみ許可されます。SCP-734に対してはおむつの交換、および毎月再検討される栄養要求量に応じた餌を与えることが必要であり、監視官の認可を得た玩具のみ与えることを許されます。

概要:
SCP-734は生後7-8ヶ月の乳児のように見える生物です。SCP-734は彼の年齢と遺伝的背景に対して正常な成長と健康状態を示しています。いくつかの実験を行ったところ、SCP-734に今のところ異常な遺伝的突然変異や伝染病,珍しい細胞の不調等は見られず,また人間の体内組織に対するSCP-734による影響の起源や原因についてもわかっていません。

SCP-734に接している人間の体内組織はすぐさま壊れ始め, “剥がれ落ち”ます。この影響は多くの場合肌同士の接触によって引き起こされますが,SCP-734内の生きてている細胞の全てがこの効果を発揮します。この“剥片化”はSCP-734に接触2時間後の時点で起こり始め,0.5mm/分で拡散します。“剥片化”現象の発現方法はSCP-734から被験者へウイルスやバクテリア,化学薬品等を移動させるという形態を取らないので不明です。

SCP-734の影響を受けた細胞は身体的な凝縮力を失い始め,体内組織の小片が剥がれ落ち,剥片になります。剥片化は接触した体内組織の層から始まりますが,殆どの場合は上皮から発現するようです。また,この影響が1度発現すると独占的に1つの層につき5時間この現象が続き,その後隣接する層へと転移します。尚,この影響は全ての体内組織の層がSCP-734の影響を受け終わるまで続きます。この過程は非常に痛みを伴い,神経細胞や血管,筋組織,骨格構造が剥片化の影響による“浸蝕”の驚異に晒される際にはより漸進的に身体を衰弱させます。剥片化の影響下にある組織への影響を止めるための治療法や手術は浸蝕部が切断不足であると殆どの場合成功しません。尚,切断手術の成功率は全体の72%です。

SCP-734から採血した血液の影響の非感染性と低い生存率には大きな戦略的価値があります。SCP-734内には血液サンプルの持続的な供給を提供するために動脈カテーテルが1つ取り付けられ,これによって得た血液サンプルは現在財団にて隠密活動と軍事活動における有用性を研究されています。SCP-734からは平均以上の知性と身体能力が見られ,成熟した際には財団職員となり,そのための訓練に従事することを自ら提案しています。この件については現在検討中です。

SCP-734_2.jpg

SCP-734による影響初期段階の看護婦████████。

SCP-734は産科病棟での未確認肉食性バクテリアの大規模発生の報告後に█████医科病院内にて蘇生されました。財団職員はこのエリアを隔離し,ここで数人の看護婦と4人の医師,そしてSCP-734の影響を受けた1人の乳児を発見しました。
SCP-734は職員による検診後隔離,収容されました。当時SCP-734の母親は発見されず,その病院の退院記録も見つけられませんでした。彼女はSCP-734の出産後からSCP-734の影響を受けて死亡するまでの間SCP-734の影響を受け続けていたと推測されます。どのように彼女が出産予定日までSCP-734を胎内に宿していたのかは不明です。

補遺:

担当者へのメモ:
これは本来必要ではないのですが、SCP-734を担当するための防護装備の一部としてフルフェイスマスクが強制的に組み込まれ、任務中はそれを外してはならないという忠告が担当職員に発せられます。SCP-734はおそらく赤ん坊でしょう。しかしながら,それでもなおSCP-734内の生きている全ての細胞は接触した者なら誰にでも退廃的組織異常を引き起こすことが可能です。これは粘液においても同様です。エージェント███████████は彼女自身のマスクを取り外し,“彼はただの赤ん坊だ!私は彼の手を今握っているのだが,私はこの通り元気だ!”と宣言しました。しかしながらその時SCP-734が彼女の顔面にくしゃみをし,彼女の顔や首の上の26カ所に“剥片化”が起こり始めました。

SCP-734による彼女への影響の進行過程を写した写真記録はSCP-734に関連する疑問や不服を持つスタッフ全員に配布されるでしょう。またそれと同時にSCP-734による影響を抑える手順も配布されるでしょう。