SCPの下書き

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPは30cm×30cm×30cm以上の透明なアクリルケースに入れて収容されます。level2以上の職員に使われることを許可されます。

説明:SCP-XXX-JPは比較的最近に作られた長さ14.2cmのプラスチック性のボールペンで三色の色が使えるようになっており黒い紐に繋がれています。SCP-XXX-JPの特異性はこのSCP-XXX-JPに半径10cm以内に近づく物体の色素、水分からインクを作り、物体の色素、水分を全て奪って物体を干からびさせます。なお、この時には間にどの物体があってもこの効果は発動されます。しかし、この効果はインクが満タンの時、また、黒い紐に繋がれている時にはこの効果は無くなることが確認されており、黒い紐に何故この効果を抑えるはたらきがあるかは現在研究されています。

実験記録XXX-JP-日付2006/8/12

対象:色素、水分を持たない物体

実施方法:SCP-XXX-JPのインクを減らし、黒い紐を外した状態で10cm以内に近づける。

結果:特に変化は無かった。

分析:収容方法が確定された。
                   
地味過ぎる     
これで収容方法が分かって良かったよ。
うん、本当に。
    -■■博士