GOC附則書類[非公式]

空白
空白

空白
空白

新たなるマニフェスト(1924年5月)

新たなるマニフェスト

財団職員諸君に告ぐ
1924年5月1日

PERHAPS the sentiments contained in the following pages, are not yet sufficiently fashionable to procure them general favor;
おそらく、続くページに込められた感情は、まだ一般の好意を得られるほど十分に洗練されていない。

a long habit of not thinking a thing wrong, gives it a superficial appearance of being right, and raises at first a formidable outcry in defence of custom. But the tumult soon subsides.
過ちを考えない長い習慣が、表面的にすぎない正当さの外観を与え、最初は習慣を守るための激しい抗議を呼び起こす。しかし、騒乱はすぐに静まる。

Time makes more converts than reason.
時間は、理屈以上に多くのものを変えうる。

Ten years ago, the human civilization was plunged into the Great War, wherein our global society was threatened not by threats External or Preternatural, but Internal and Mundane.
10年前、人類の文明は"大戦"に突入し、われわれ国際社会は外からの脅威や異常によってではなく、内部から、ありふれたものによって脅かされた。

The War, in which martial slaughter was industrialized on a scale never before seen, devastated the civilized world.
武装虐殺がこれまでにないスケールで工業化された戦争は、文明世界を壊滅させた。

The Foundation, possessing numerous bizarre and unnatural entities which might have ended the conflict in mere moments, sat quietly in the shadows, watching the brightest and best of Humanity’s future spill each other’s blood on Europe's fields.
財団は、衝突をただちに終結させうる数多くの奇妙かつ超自然的な存在を保有しながら、陰で静かに座り、人類の未来の最も明るく最高のものを見て、ヨーロッパの地で互いの血を流させた。

We watched, and we did nothing.
われわれは見ていた。そして何もしなかった。

We, who have sworn to secure and contain threats to Human Civilization,
人間文明への脅威を確保し、収容することを約束した私たちは、

protecting the world from devastation, destruction, and despair,
世界を荒廃、破壊、絶望から守り、

we sat and watched as humanity inflicted ruin upon itself.
そして人類が自ら荒廃するのを座視していた。

How dare we?
どうしてそんなことをわれわれが?

The world called this the Great War, the War to End All Wars, but how can War be Great, and why should so warlike a creature as Man be so inclined as to cease merrily butchering his fellows?
世界はこれを大戦、すべての戦争を終わらせるための戦争と呼んだが、戦争がどうやって偉大になるのか? そしてなぜ、人間ほど好戦的な種が喜んで仲間を虐殺するのをやめるよう傾くべきなのか?

How soon will come the next war after the War That Was Supposed To End All Wars?
あとどれぐらいで、すべての戦争を終わらせる戦争の次の戦争は来るのか?

History has a cyclical inertia;
歴史は循環的な慣性を持つ。

unless an outside force brings the conflict to a stop, humanity will be its own undoing.
紛争を止める外圧がなければ、人類は自らの手でそれを止めることはない。

The Foundation, an organization which has stared into the abyss and spat in the face of abominations ancient and eldritch, must save mankind from its greatest enemy: itself.
財団は深淵を見つめ、対峙した古代や世にも恐ろしいものを唾棄してきた組織であり、人類を人類自身という最大の敵から守らねばならない。

In the decades since the Foundation's inception, the O5 Council has argued that we must remain aloof and detached from the daily affairs of international society.
財団の始まりから数十年、O5評議会は、われわれは国際社会の日々の情勢から離れ、孤立したままであるべきだと主張した。

It is not our business to fight the petty wars of the ignorant masses, they tell us.
無知の大衆とささいな戦いをするのがわれわれの仕事ではない、と彼らはわたしたちに言った。

And yet, they are not above meddling in those very affairs when one Overseer or another feels it expedient, toppling governments and starting wars of convenience.
しかし彼らは、緊急事態において大きな不要な干渉ではなく、……が好都合であると監督者の一人またそれ以外が賛同すれば、政府を崩壊させ、激しい戦争を行うこともいとわない。

We, the soldiers in the trenches, who fight their battles, and we, the scientists in the labs, who do their research, do we have any say in when we fight or what we study?
われわれ、塹壕の中で戦っている兵士、研究を行っているラボの科学者たちが、戦うときや研究をする際に何か発言権を持っているか?

The Council claims to act in the best interests of the Foundation, of Humanity.
評議会は、財団は人類の利益に基づいて行動すると主張する。

How can this be when the Council does not answer to the rank and file of this organization, much less Mankind at large?
それはどのようになされるのか? 評議会が一般の職員にすらそれを答えないとき、人類一般は言うまでもない。

We, the individuals facing the threats on every day, are the ones who are best suited to determining our organization’s course, not faceless administrators, and it is we, not they, who should lead.
われわれ、日々脅威に面している個人は、我々の組織にとって最適の方針を決める。正体不明の管理者がそれをするのではない。彼らではなく、われわれだ。一体誰が導くべきなのか。

It would be foolish, of course, to reveal the existence of entities that defy all explanation to the world at large.
もちろん、世界中に対するすべての説明に反した実体の存在を明らかにすることは、愚かなことだ。

After all, it is our duty to stand at the boundary of Darkness and Light, protecting the world in its ignorance of the monsters that threaten it.
結局、暗闇との境界線に立って、世界を脅す怪物について無知な世界を保護することはわれわれの義務である。

But darkness itself is not evil: Science is amoral, and Knowledge is Power. Power, Science, and modern Industry are all capable of vast and near total destruction, as the Great War has shown, but proper application of these forces can create wonders.
しかし、暗闇自体は悪ではない。科学は道徳的であり、知識は力である。大戦が示すように、権力、科学、そして現代の産業はすべて、莫大でほぼ完全な破滅を引き起こせるが、これらの力を適切に運用することで、驚異が生まれることがある。

Fire, if misunderstood and improperly handled, is as destructive as any force known to mankind, capable of laying waste to cities and farmland.
誤解され、不適当に扱われれば、火は人類の知りうるあらゆる力と同じぐらい──都市と農地を荒廃させ──破壊的である。

Yet, when harnessed and treated with caution and respect, we use it to heat, light, and power our cities, and cleanse our farms so that we may plant new and more fertile crops.
それでも慎重かつ敬意を払って利用すれば、われわれはその熱や光や力を都市に使い、農地を清潔にして、新しく豊かな収穫を得られるかもしれない。

We, the elite, who have studied countless bizarre and powerful anomalies, have the knowledge to usher in a new Golden Age of Enlightenment.
無数の奇妙で強力な異常を研究したエリートたるわれわれは、新しい啓蒙の黄金時代を導く知識を持っている。

Out of the ashes of the past can rise monuments to the dominance of Mankind over the Natural and the Unearthly.
過去の灰から、自然と超常に対して優位に立つ人類の記念碑を打ち建てることができる。

The universe can at once appear welcoming and hostile, teeming with secrets and threats, full of knowledge and riches to be had but harsh and unforgiving.
世界は一見して友好的にも敵対的であるようにも見え、秘密と脅威、知識と豊かさに満ちているが、過酷で容赦がない。

As always, Humanity is and will be tested. As always, Humanity must meet the challenges before it as we have met every other.
常に人類は試されており、これからも試されるだろう。常に人類は、われわれが他者に出会ってきたように、困難に出くわすだろう。

We must be the Vanguard, holding the torch of illumination and leading the masses forward.
われわれは、啓蒙の松明を掲げ、人々を導く尖兵でなければならない。

We, Mankind and the Foundation, will face the challenges and succeed, because to do anything else would be inhuman.
われわれ人類と財団は、非人道的である困難に直面し、成功するだろう。

The Foundation shall watch the dark places, and it is our right and our duty illuminate them for society, so that Mankind may enjoy the riches without fearing the threats.
財団は暗闇へ目を向けなければならない、それらを照らすことは人類社会のために課せられた権利と義務であり、人類が脅威を恐れることなく富を享受できるようにするためである。

We shall not only secure and contain the absurd and the dangerous, but we shall master their secrets and transform them into tools and technology.
われわれは不条理と危険を確保・収容するだけでなく、それらの秘密を習得し、道具や技術に変える。

We, the Foundation and Mankind, not only can do this, but must, if we are to survive, and not just survive, but better ourselves and flourish, that Humanity can claim its rightful place as Master over Nature and Extraordinary.
われわれ財団と人類はそれだけができるのではなく、われわれが生き残り、それにとどまらず、よりよく自身を繁栄させるならば、人類は自然と超常の霊長として、正当な立場を主張することができる。

署名,
考える者


ポドロギスタンでのダミアン・オコナー少佐のスピーチの写し(1928年)

…Weston was an old fool, a relic of the old era where wars were fought in set-piece battles of thousands of men in massed formation, of cavalry charges into the Valley of Death.
……ウェストンは老いた馬鹿だった、隊伍を組んだ何千人もの男たちが会して戦う戦争は古い時代の遺物で、騎兵隊は死の谷へ突撃する。

But ours is not to do or die, ours is to reason why.
われわれの戦争は、戦うことや死ぬことではなく、その理由を論ずることである。

Weston and Frederiks deluded themselves into thinking the Triad equals to the Loyalists, not only in legitimacy but in materiel and capabilities.
ウェストンとフレデリクスは、トライアドが合法性だけでなく、軍需的にも機能的にも体制側に等しいと考えることで自身を欺いた。

They were proven wrong, but even if they had been right in their estimates, we saw in the Great War how futile such outdated strategies are.
彼らが間違っているということは証明されたが、たとえ彼らの予想が正しかったとしても、われわれは大戦でそのような時代遅れの戦略がどれほど無駄か知った。

Only a fool fights on the terms of one's enemy, and that is precisely what we did. We fought the Foundation on their terms, when they were stronger, bigger, better funded, better equipped; is it any real surprise that we were defeated?

Our struggle was akin to baiting: a pack of dogs against a bear, perhaps. The dogs do not assemble in a phalanx and charge the bear, whose size, weight, and strength could easily obliterate such a formation. No, instead, the dogs nip and bite at the larger animal, irritating it, occasionally drawing blood, tiring it, weakening it to the point of collapse, until it collapses in exhaustion, and they can move in for the kill.
But now, we lack the capacity to be taken seriously by the Foundation. They believe we are down and out - they have declared victory, and characteristically hushed up the struggle. They view those few of us who remain as a nuisance, not a pack of dogs, but a fly or flea to be swatted aside as an annoyance. They may be right. We are weak, and they are strong. But that does not make them invincible or us insignificant. Let us wage a war of fleas. We bite, leap, and bite again. By the time the Foundation can scratch one itch, another will appear. They have "secure" facilities across the world - they must be strong everywhere. We need only be strong where we attack, when we attack, before disappearing. Their size means they are slow; we are few, but mobile. We cannot win as an army, but as guerrillas, as an insurgency, we shall not lose.
The Foundation, the enemy, ignores us, we infiltrate them. The enemy advances, we retreat; the enemy camps, we harass; the enemy tires, we attack; the enemy retreats, we pursue. We will be everywhere and nowhere, appearing out of the night to strike terror in their hearts. We may look over our shoulders - it would be imprudent not to - but we can force them to do the same. We can terrorize the Foundation. The purpose of this terror is not merely to terrorize the Foundation, however, but to use its own inertia and energy against it. The Triad's defeat may have quelled dissent amongst the Foundation's rank and file, but how long is it until our efforts - our attacks and infiltrations - spur the Foundation to clamp down on its own members? We will not be the ones to sap the Foundation's will to resist, the O5 Council will.
Let us not forget that they are bound by scruples of secrecy. They keep the importance of their "Veil" on a pedestal, hiding their existence and the existence of SCPs from the world at large. We are not so incumbered. Our only reason for secrecy is to frustrate their efforts to find us, fish in a vast ocean. In our attacks, we can steal their weapons, their equipment, and their artifacts, only to turn these against them the next time. If our attacks hurt the innocent, well, in war there are casualties. The Foundation may elect to try and protect the population from us - so much the better, for it will only spread them thinner. We shall be agents of chaos, setting the world on fire, not to watch it burn, but to exhaust the fire brigade.

空白
空白

新たなるマニフェスト(1924年5月)

新たなるマニフェスト

財団職員諸君に告ぐ
1924年5月1日

 おそらく、続くページに込められた感情は、まだ一般の好意を得られるほど十分に洗練されていない。過ちを考えない長い習慣が、表面的にすぎない正当さの外観を与え、最初は習慣を守るための激しい抗議を呼び起こす。しかし、騒乱はすぐに静まる。時間は、理屈以上に多くのものを変えうる。
 10年前、人類の文明は大戦に突入し、われわれ国際社会は外からの脅威や異常によってではなく、内部から、ありふれたものによって脅かされた。武装虐殺がこれまでにないスケールで工業化された戦争は文明世界を壊滅させた。財団は、衝突をただちに終結させうる数多くの奇妙かつ超自然的な存在を保有しながら、陰で静かに座り、人類の未来の最も明るく最高のものを見て、ヨーロッパの地で互いの血を流させた。われわれは見ていた。そして何もしなかった。人間文明への脅威を確保し、収容することを約束した私たちは、世界を荒廃、破壊、絶望から守り、そして人類が自ら荒廃するのを座視していた。どうしてそんなことをわれわれが? 世界はこれを大戦、すべての戦争を終わらせるための戦争と呼んだが、戦争がどうやって偉大になるのか? そしてなぜ、人間ほど好戦的な種が喜んで仲間を虐殺するのをやめるよう傾くべきなのか? あとどれぐらいで、すべての戦争を終わらせる戦争の次の戦争は来るのか? 歴史は循環的な慣性を持つ。紛争を止める外圧がなければ、人類は自らの手でそれを止めることはない。財団は深淵を見つめ、対峙した古代や世にも恐ろしいものを唾棄してきた組織であり、人類を人類自身という最大の敵から守らねばならない。
 財団の始まりから数十年、O5評議会は、われわれは国際社会の日々の情勢から離れ、孤立したままであるべきだと主張した。無知の大衆とささいな戦いをするのがわれわれの仕事ではない、と彼らはわたしたちに言った。無知の大衆とささいな戦いをするのがわれわれの仕事ではない、と彼らはわたしたちに言った。しかしある監督者や他の監督者が好都合であると感じるような非常事態では、政府を転覆させ、利便性を損なう戦争を開始しても、彼らはそれ以上に干渉しない。われわれ、塹壕の中で戦っている兵士、研究を行っているラボの科学者たちが、戦うときや研究をする際に何か発言権を持っているか? 評議会は、財団は人類の利益に基づいて行動すると主張する。それはどのようになされるのか? 評議会が一般の職員にすらそれを答えないとき、人類一般は言うまでもない。われわれ、日々脅威に面している個人は、我々の組織にとって最適の方針を決める。正体不明の管理者がそれをするのではない。彼らではなく、われわれだ。一体誰が導くべきなのか。
 もちろん、世界中に対するすべての説明に反した実体の存在を明らかにすることは、愚かなことだ。結局、暗闇との境界線に立って、世界を脅す怪物について無知な世界を保護することはわれわれの義務である。しかし、暗闇自体は悪ではない。科学は道徳的であり、知識は力である。大戦が示すように、権力、科学、そして現代の産業はすべて、莫大でほぼ完全な破滅を引き起こせるが、これらの力を適切に運用することで、驚異が生まれることがある。誤解され、不適当に扱われれば、火は人類の知りうるあらゆる力と同じぐらい──都市と農地を荒廃させ──破壊的である。それでも慎重かつ敬意を払って利用すれば、われわれはその熱や光や力を都市に使い、農地を清潔にして、新しく豊かな収穫を得られるかもしれない。無数の奇妙で強力な異常を研究したエリートたるわれわれは、新しい啓蒙の黄金時代を導く知識を持っている。過去の灰から、自然と超常に対して優位に立つ人類の記念碑を打ち建てることができる。
 世界は一見して友好的にも敵対的であるようにも見え、秘密と脅威、知識と豊かさに満ちているが、過酷で容赦がない。常に人類は試されており、これからも試されるだろう。常に人類は、われわれが他者に出会ってきたように、困難に出くわすだろう。われわれは、啓蒙の松明を掲げ、人々を導く尖兵でなければならない。われわれ人類と財団は、非人道的である困難に直面し、成功するだろう。財団は暗闇へ目を向けなければならない、それらを照らすことは人類社会のために課せられた権利と義務であり、人類が脅威を恐れることなく富を享受できるようにするためである。われわれは不条理と危険を確保・収容するだけでなく、それらの秘密を習得し、道具や技術に変える。われわれ財団と人類はそれだけができるのではなく、われわれが生き残り、それにとどまらず、よりよく自身を繁栄させるならば、人類は自然と超常の霊長として、正当な立場を主張することができる。

署名,
考える者