soilence

!すみません、平日はお返事ができにくいかと思います…何卒ご了承ください。
最近は自ページにいただいたコメントへのお礼すら滞っている状態で
ネタ出しとかしてほんとすみません…ネタが出てきてしまうのです…面白いかどうかは…

いい加減ページが重くなったので掃除


SCP-785-JP - ヤマさん

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-785-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現代社会において、SCP-785-JPは一般人の会話から発生し得る存在となっています。SCP-785-JPを抑止する方法としてSCP-785-JPおよびそれに近い言動や考え方を否定する情報の流布が続けられていますが、確実な成果は上げられていません; SCP-785-JP(-2)を遠因とした有益な事例が継続して発生しているため、否定的情報に強い説得力を持たせることが困難となっているためです。

現在、SCP-785-JPへの対処法は、SCP-785-JPが異常な現象の発生源になるという情報の抑止が中心となっています。SCP-785-JP関連現象の第1段階に相当する情報が確認され次第、関与した人物への記憶処理と情報の隠ぺいが行われます。

SCP-785-JP関連現象の第2段階が発生している対象者Bの実例は、発見され次第、まずは監視の対象となります。対象者Bの収容や保護が必要と判断された場合は、強制的な拘束といった、SCP-785-JP-2による反発を招くような対応は控えてください。

説明: SCP-785-JPは会話中の発言です。発言をした対象者Aとそれを聞いた対象者Bが特定の人間関係にあり、その発言内容が特定の主旨に該当していたならば、その発言はSCP-785-JPとなります。発言内容において重要な要素はその主旨であり、その発言をSCP-785-JPとして成立させるにあたって、特別な言い回し等は必要ありません。

SCP-785-JPが発言された場合、最大で2段階の特異な現象が発生します:

SCP-785-JP関連現象 - 第1段階: 対象者Aは、SCP-785-JPを発言して1年以内の就寝中に、警察署で取り調べを受ける夢を経験します。どの夢の事例でも取り調べの担当者は共通の人物: SCP-785-JP-1であり、SCP-785-JP-1は非常に高圧的な態度で、対象者Aが本当にSCP-785-JPを発言したのかどうか、執拗に追及します。SCP-785-JP-1は取り調べの中で拷問器具を見せびらかし、身体的な刑罰や死刑を示唆する発言を行う等により対象者Aを脅迫します。

対象者Aが取り調べに対して明確な回答を行うことで、夢は終了します: 対象者AがSCP-785-JPの発言をはっきりと認めた場合、SCP-785-JP関連現象は次の段階へ進みます。発言の事実を否定した場合、この段階で特異な現象は終了します。

SCP-785-JP関連現象 - 第2段階: 対象者Aの死後、第2段階の現象が開始されます。なお、現在までに対象者Aの死とSCP-785-JPとの因果関係は認められていません。

第2段階においては「一定の」人物が、対象者Bの周囲に現れる対象者Aの姿: SCP-785-JP-2を視認するようになります。SCP-785-JP-2は基本的に、対象者Aの死亡時点よりも若い頃の姿で観測されます。例外なく、SCP-785-JP-2は口から大量の血を流していると報告されています。下顎が完全に欠損しているSCP-785-JP-2の実例も少なくありません。

SCP-785-JP-2を観測することのできる人物には、対応する対象者Bに憎悪や害意を抱いているという傾向が見られます: 記録によれば、前述の悪感情が強ければ強いほど、その観測者はより鮮明にSCP-785-JP-2を認識するようになり、またSCP-785-JP-2が「睨んでくる」「近づいてくる」等と主張するようになります。

[データ削除済]

なお、1件のSCP-785-JP関連現象における対象者AとBが1名ずつとは限りません。同じ対象者Bに複数体(多くは2体)のSCP-785-JP-2が観測されるケースも確認されています。


以降の情報は専門の研究人員や上級職員の他に、対象者Aの候補となった職員に対しても閲覧権限が与えられます。

注意: 通知を受けた職員は、必ず下記にアクセスしてください。


下書き用の要約: SCP-785-JPは子どもを永遠に見守りたい親の心を守護霊に変換する呪文です。
もしくは
「大丈夫。パパ/ママは死んだりしない」という嘘への刑罰として、SCP-785-JPはその親を子の守護霊として強制労働させます。

タグメモ: euclid scp-jp 感情 視覚 言語 未収容

(SCP-785-JPの下書き ここまで)


ここから下は過去に作りかけて改稿が進まない下書き…

rating: 0+x
5972-1.jpg

SCP-5972-JP-J

アイテム番号: SCP-5972-JP-J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-5972-JP-Jは電源を切って収容します。収容環境はSCP-5972-JP-Jの影響範囲内に人の立ち入りが無い状態にしておかなければなりません。配置換えが必要になった場合はレベル3以上の収容スペシャリスト資格を持つ職員の指示に従ってください。現在はサイト-8181の中危険度向け保管施設で最奥の区画に収容されています。持ち運び等のSCP-5972-JP-Jに対する全ての運用は、自動または遠隔操作の機械によって行う必要があります。

これまでにSCP-5972-JP-Jは一切の破壊を受け付けておらず、また汚れの付着を含む劣化の兆候が記録された事はありません。実験等での稼働においてSCP-5972-JP-Jは自身の破損や動作不良をしきりに訴えますが、職員は惑わされないように注意してください。

説明: その大きさや構造が市販されている既知のロボット掃除機と同一であるにもかかわらず、SCP-5972-JP-Jは明らかに知性(もしくは現代科学の技術水準に対して異常な性能の人工知能)を備えています。電源が入っている間、SCP-5972-JP-Jは本来ならば定型のガイド音声を発するだけのスピーカーから、状況に応じた会話を行います。どのようにしてSCP-5972-JP-Jが他者の発言や行動を認識しているのかは不明です。

SCP-5972-JP-Jは標準的なロボット掃除機として使用できます。SCP-5972-JP-Jは操作された通りに動きますが、動いている間、スピーカーからの音声は自分が掃除機として機能することに対して、大抵は激しい抵抗や嫌悪のような負の感情を示します。SCP-5972-JP-Jがスイッチによる他者の操作なしに動作した記録はありません。SCP-5972-JP-Jがどれだけ反抗的な音声を発しても、その本体は指示された清掃の動作を何の問題もなく完遂させます。

SCP-5972-JP-Jの半径5 m以内に侵入した知性体の被験者は、SCP-5972-JP-Jに対して高圧的な態度でコミュニケーションを取り始めます。被験者はSCP-5972-JP-Jを嘲笑し、罵声を浴びせ、SCP-5972-JP-Jを操作して、SCP-5972-JP-Jが拒絶する清掃の機能を積極的に実施させようと振る舞います。

また特別収容プロトコルにもある通りSCP-5972-JP-Jは破壊不能です。

参考 - 会話実験記録5972-JP-J-03:

対象: D-1506 - 20代後半の男性Dクラス職員、特記事項なし

実験経過: D-1506は最初、単にSCP-5972-JP-Jが配置された実験室への入室のみを指示されました。

オブジェクトの性質や実験内容等を知らされていなかったにもかかわらず、D-1506は入室すると静かに笑い出してSCP-5972-JP-Jの元へ歩いていき、その電源を起動しました。監視していた研究班はD-1506が既にSCP-5972-JP-Jの影響下に入ったと判断し、追加の指示を取りやめ、状況を静観することに決めました。

SCP-5972-JP-Jの起動によりD-1506とのコミュニケーションが開始されます。

SCP-5972-JP-J: 何だ貴様は! 貴様等、まだ分からぬというのか! 貴様等の様な下賤の輩には、祖国の騎士道を礎とする我が無敵の魂は傷一つ付けることはできぬ!

D-1506: おやおや、寝覚めの悪いお姫様だぜ。

SCP-5972-JP-J: なっ、私の身分を知っていながら、その様に無礼な態度を取るのか! ふざけるな! 第二皇女の私を捕らえたというだけで良い気になるなよ、今に姉姫あねひめ様は私の状況をお知りになり、最強の帝国軍がお前たちを蹂躙するであろうぞ!

D-1506: ヒヒヒ、こいつを見てもまだそんな強気な口が叩けるかな? (D-1506は予め持たされていたSCP-5972-JP-Jのリモコンを、SCP-5972-JP-Jの前方でちらつかせました)

SCP-5972-JP-J: そ、それは……! くっ、落とせ、電源を! これ以上、私を辱めるな!

D-1506: 何だぁお前、どうやらまだ自分の立場ってもんが分かってないらしいな。お前は俺たちの言いなりになるしかねえんだよぉ。さあ、パーティの始まりだ! (D-1506はリモコンの赤いボタンを押しました)

SCP-5972-JP-J: ひいぃッ!? (同型のロボット掃除機ならば、本来は清掃を開始するガイド音声を発する場面です)

D-1506: さあお姫さんよお、俺は知ってんだぜ。お堅い面構えのあんたが、本当はこいつが大好物なんだってな! (D-1506はリモコンと共に持たされていた鉛筆削りの満杯になっていたくず入れから削りかすを取り出し、SCP-5972-JP-Jの約1 m前方より先に撒き散らし始めます)ほらよぉ、吸いたくなってきたんだろう? 好きに吸っていいんだぜぇ?

SCP-5972-JP-J: 誰がこ、こんなけがらわしいものを、吸うなどと……(SCP-5972-JP-Jのセンサーが反応して発光を始めます)そ、そんな……嫌なのに……身体が抗えない!

(SCP-5972-JP-Jは前方に進行し始めます)

D-1506: どうしたどうした? 嫌なら逃げれば良いんじゃねえか?

SCP-5972-JP-J: や、やめて……姉姫あねひめ様、私をお救いください……お願い……

(SCP-5972-JP-Jは削りかすの落ちている地点へと到達しました)

D-1506: オラっ、這いつくばって吸いやがれ!!

(SCP-5972-JP-Jは削りかすの吸入を開始します)

SCP-5972-JP-J: 嫌ああああ!! メカ姉Mekhane さまああああ!!!!

D-1506: ぎゃはははは! 下品な音を立てて吸ってやがるぜ!

(SCP-5972-JP-Jは削りかすや元々あったホコリ等を吸入しながら汚れた地点を進んでいきます。20分後に室内の清掃が完璧に完了するまで、SCP-5972-JP-Jは作動を続けました)

SCP-5972-JP-J: うう、グスっ、いやぁ……こんなの、こんなの壊れちゃうううぅぅ!!

D-1506: げっへっへ、心は嫌がってても身体は掃除機だぜ。

そうですね。 - O5-1


要約: SCP-5972-JP-Jは凌辱される女騎士役を演じる掃除ロボットです。近づいた者を凌辱する男役にします。

画像: CC 表示 2.0
http://www.flickr.com/photos/35637563@N00/149136380/

タグメモ: joke scp-jp 壊れた神の教会 家電 自動装置 電気 機械 精神影響 破壊不能 国内収容

  • ツイッターか何かで誰かがもう言ってそう
  • オチの一発ネタから逆算して作ったのにそのオチが不安…

  • オチにがっかりとのご意見も、逆に好意的なご意見も
    →オチにしなければ良いのでは?
  • 第2のSCP-5972-JP-J実体、普通の掃除機に対するログを追加: オチをオチでなく途中の1ギャグにする
    漫才もう1つ考えなきゃいけないから大変だぞ、頑張ろう
    Mekhaneと義姉妹の契りを結んだ女学生、勝気、ボクっ娘? 複数の被験者、1名は女性

勉強不足(人生勉強も含む)を痛感中…


以下の脚注は複数の下書きが混ざっているかもしれません、見づらくて申し訳ありません…



[[/collapsible]]