suwawa
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロコトル:SCP-XXX-JPは保管サイト-81██の収容ロッカーに保管し、鍵は担当者により管理されます。特別な理由なしにSCP-XXX-JPを持ち出す、悪戯に使用する等した職員は厳重に処罰されます。

説明:SCP-XXX-JPは全長19cm、最大横幅3.5cmの、ステンレス鋼と一部の未知の金属との合金で構成された12本の先割れスプーンです。外見に異常性はなく、食事や計量に通常使用しても問題はありません。しかし、皿状部分と柄の接合部が一般的な先割れスプーンと比較していくらか柔らかいため、容易に曲げることができます。曲げられたSCP-XXX-JPは特別な処置なく数十秒で元の形状に戻ります。
SCP-XXX-JPの特性は、皿状部分の凹面を被験者自身の方向に向け柄を握り、接合部、または皿状部分を指で圧して、皿状部分と柄の角度を内側か外側かに関わらず30°以上に歪曲させることで発生します。以下、SCP-XXX-JPを歪曲させた被験者個体をSCP-XXX-JP-1と表記します。
SCP-XXX-JP-1は、歩行、跳躍などの万人が可能な動作や、非常に簡単な予測などを自身の超能力であると主張し始めます。保持が主張される超能力には以下のようなものがあります。

  • サイコキネシス、念力
  • 瞬間移動、テレポーテーション
  • バイロケーション、両所同時存在
  • 空中浮遊
  • 透視
  • テレパシー、念話
  • パイロキネシス
  • 未来予知
  • 不老不死

主張される超能力はSCP-XXX-JP-1の知識に依存し、SCP-XXX-JP-1の存知しない超能力は報告されません。しかしSCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JPの影響を受けた後に超能力に関する知識を得た場合、SCP-XXX-JP-1は新たな超能力の発現を主張します。どのような場合に於いてもSCP-XXX-JP-1の主張は錯覚であり、超能力の実在は認められていません。SCP-XXX-JPの影響はクラスA記憶処理により除去可能です。
SCP-XXX-JPは19██/█/█に██県██市の███小学校で発生した集団児童昏倒事件により発見されました。回収後、関係者にはクラスA記憶処理が施され、カバーストーリー「プリンの取り合い」が適応されました。

SCP-XXX-JP実験音声ログ
実験日時:████/█/██
担当職員:████博士
被験者:D-160394

████博士:ではD-160394、SCP-XXX-JPを曲げてください。テレビで超能力者がやるように…、見たことがあるでしょう。へこんでいる方を自分に向けてください。

D-160394:懐かしいなぁ、俺も子供の頃練習したよ。しかしこのスプーンえらい簡単に曲がるな。何で…。(D-160394は呟きながら自身の手の中にある歪曲したSCP-XXX-JPを見つめ始め、SCP-XXX-JPを取り落す。落下したSCP-XXX-JPの発した金属音で我に返ったように見える。)

████博士:D-160394、どうかしましたか。

D-160394:あっ。ああ。先生、なぁ先生。俺目が覚めたような気がするよ。

████博士:具体的にお願いします。

D-160394:そう、そうだな、何て言えばいいか…あぁ、そうだな、そうだ。俺使える、超能力が使えるよ先生!


空白

空白

空白

空白

空白

空白

空白

空白

空白

空白

空白

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

太字 -> 太字
斜体 -> 斜体
下線 -> 下線
打ち消し線 -> 打ち消し線
サイト内リンク -> サイト内リンク
外部サイトへのリンク -> 外部サイトへのリンク
██████ or (U+2588, FULL BLOCK) -> 黒塗り(コピー&ペーストして使ってください)

空白
空白