SCP下書き
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの収容室には、ベット、トイレ、バスルームの他に、SCP-XXX-JPが勉強するための資料、道具を一通り揃え、指定されたDランク職員と研究員以外の人間は決して出入りできないよう暗証番号、指紋、音声によるロックを施して下さい。用意する資料は、必ず不特定多数の人物へ向けたものにして下さい。指定されたDランク職員以外がSCP-XXX-JPへ何らかの意思表示を行うことは、SCP-XXX-JPが目視可能か否か、直接、間接的に関わらず禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは、特殊な能力を持った5歳の人間の子供です。内向的な性格であり、SCP-XXX-JPからの意思表示はほぼありません。██県██市の██████病院でSCP-XXX-JPが生まれた際、両親、医師、看護婦などのSCP-XXX-JPに何らかの意思表示をした人間全員に著しい幼児退行が起こり、病院内でパニックが起こりました。その事実と財団が行ったいくつかの実験の結果から、SCP-XXX-JPには自らに意思表示した人間の知能を赤ん坊程度にまで低下させる能力があるとされていました。

しかしその後、Dランク職員をSCP-XXX-JPへ接触させる実験を定期的に行った結果、実験を行う度に知能低下の度合いが減少していることが判明。さらにSCP-XXX-JPの知能と、SCP-XXX-JPと接触したDランク職員の知能レベルがほぼ同じになっていたことから、SCP-XXX-JPの能力は単純な知能低下ではなく、自らに意思表示した人間と自分の知能を同レベルにする能力であると判明しました。

このことから、SCP-XXX-JPに教育を施し、知能レベルを財団研究員レベルにまで引き上げることができれば、財団の慢性的な人員不足を解消できるのではないかという案が██████博士から提出されました。そして、この案が実現可能なのか検証するべく、以下の実験が行われました。


実験結果から新たに判明した事実
1、SCP-XXX-JPの能力は人間以外には作用しない。
2、SCP-XXX-JPの能力によって知能の引き上げは可能。
3、SCP-XXX-JPの能力はSCP-XXX-JPが対象を認識していなくても発動する。
4、SCP-XXX-JPの能力は対象の行った意思表示が直接、間接的を問わず発動する。
5、SCP-XXX-JPの能力はSCP-XXX-JP個人を対象にした意思表示にのみ反応する。

これらのことから、██████博士の案は十分実現可能であると██は判断し、████/██/██現在、SCP-XXX-JPへの教育は、不特定多数の児童用に制作されたビデオ教材と資料によって行われ、SCP-XXX-JPの世話はSCP-XXX-JPの特性を理解した研究員と一部のDランク職員によって行われています。

補遺1:SCP-XXX-JPへストレスを与えることは知能発達の妨げになると判断されたため、ベット、トイレ、バスルームの改善が決定しました。
補遺2:一部研究員から「SCP-XXX-JPの収容室のロックは甘い」「人型オブジェクトの管理はもっと厳重なものにするべき」という意見が出ましたが、これ以上の厳重化はSCP-XXX-JPのストレスになるとして却下されました。