愛しき窓
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの管理担当者はアニメーション、漫画書籍、テレビゲーム等の創作物への興味が無い、または極端に薄い人員を配置してください。ただし常時二人を最低人数とし、必要に応じ投入する形を取ってください。また、お互いに相手がそれらに興味を持っていないか常に気を配ってください。それら創作物に興味を持っている兆候が現れた場合には、担当職員は役職に関係無く理事会に報告する義務を持ちます。

SCP-XXX-JPはサイト-81██の無機物保管エリアの担当者の数と同じだけの鍵付き強化プラスチックケースに収容し、鍵は担当者が一人一つずつ管理してください。実験に用いる際は担当者全員の合意の元で行ってください。現在SCP-XXX-JPの実験は無期限で凍結されています。担当人員は必要に迫られた場合を除きSCP-XXX-JPについて担当外の人員に口外することを避けるべきです。

説明: SCP-XXX-JPは一般的なノートパソコンの形状をしています。特異性を発現させる条件に当てはまらない者は通常のノートパソコンと同様に使用することが可能です。

しかし、アニメーション、漫画書籍、テレビゲームに関心があり、それらに登場するキャラクターに異性的魅力を感じる人間(SCP-XXX-JP-1)がSCP-XXX-JPの画面を視認したときにSCP-XXX-JPの特異性が発揮されます。 特異性が発揮されている間はSCP-XXX-JPは電源の供給を必要としません。SCP-XXX-JPの画面にはSCP-XXX-JP-1が理想とする姿(自覚していた好みと異なるケースが報告されていますが求心力には変わりが認められません)のキャラクター(SCP-XXX-JP-a)が表示され、SCP-XXX-JP-1へ語りかけます。SCP-XXX-JP-aの姿は被験者が獣姦性愛、機械性愛、人形性愛などの特殊な嗜好を持っていてもそれに応えます。どのような姿であっても発声は日本語で行われます。

内容は「やっと会えた」「ずっと会いたかった」と以前からSCP-XXX-JP-1を知っていたことを伝えるものから始まり、創作物における「運命的な出会い」を演出します。この時SCP-XXX-JP-1は軽度の陶酔状態に陥りますが、声をかけたり体に触れる等の行為で容易に覚醒可能です。その後もSCP-XXX-JP-aは恋人であるように振る舞い、SCP-XXX-JP-1に「愛してる」と言うように誘導します。一日の会話は最長一時間程度で終わりますが、SCP-XXX-JP-1は翌日以降もSCP-XXX-JP-aとの会話を強く望み、妨害されると強い暴力性を表します。

「愛してる」というワードを発声したSCP-XXX-JP-1の次の睡眠時に夢の中にSCP-XXX-JP-aが現れます。これは「愛してる」というワードを口にしてから眠るまでにAクラスの記憶処理を行うことで防ぐことが可能です。この夢は非常に現実的で夢だと認識するのは困難だと報告されています。夢の中でSCP-XXX-JP-aはSCP-XXX-JP-1に性交を要求します。それに応じるとおよそ60%の確率(統計不足です。あくまでも暫定的に出された数字であることを留意してください)で次の面会時にSCP-XXX-JP-aがSCP-XXX-JP-1へ妊娠したことを伝えます。それを聞いてからSCP-XXX-JP-1は三分以内に消滅します。この時GPSなどの機器はSCP-XXX-JPを示しますが、監視カメラ、肉眼、エコー検査装置を用いてもGPS機器は確認することが出来ませんでした。通信機器はノイズを発するだけで、消失したSCP-XXX-JP-1との通信には未だ成功していません。 その後30から40時間後に骨、眼球、小腸と大腸、頭頂部の皮及び毛髪、身に付けていた物品がSCP-XXX-JPの前に突如現れます。これはDNA検査の結果SCP-XXX-JP-1のものであることが確認されました。

SCP-XXX-JPは███県██市で発見されました。
近隣住民から腐敗臭がすると通報を受けた警察が立ち入った際に前述の人体の一部を発見し、███県警に配置されていた財団職員が特異性を感じ財団へ連絡。偶然近くにいたエージェント███と共に近隣住民及び警察官の記憶処理、SCP-XXX-JPの収容を済ませました。