tanaichi
評価: 0+x
infectiousinscription.jpg
SPC-271

アイテム番号: SCP-271

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:
SCP-271は可能な限り、███ █ █████ ████████████████████ ██ ████の封じ込めユニット-!12内の高さ1mの石の台座 (SCP-271-01)の上に置き、両オブジェクトはその状態のまま、鉄を飽和させた厚さ5cmのガラス製の、水で満たされた球体の中に封じ込めてください。その(一般的なサイズの)部屋の内部には、ガラス球を空中に浮遊させ好ましくない侵入者を退けるために、ネオジム-████████の永久磁石が配備されています。部屋は磁石により形成された磁場を封じ込めるために熱分解性のカーボンで裏付けされています。部屋へ通じるドアは護衛を置かず通常の用務用物置に偽装し、廊下を下った先の角を曲がった壁に目立たないように温度調節器として設置されたパスワードボックスで施錠しておくようにしてください。Dr. Vgが月に一度このパスワードを変更しています。更なる報告があるまですべての研究は観察のみとします。無許可のアクセスがあった場合回収を簡略化するために、部屋の中に設置された電磁石が遠隔操作により起動されガラス球を破壊します。

説明:
SCP-271は未知の主に金属で組成された直径4㎝程度の小さい円盤です。表面にはいくつもの未知もしくは既知のアルファベットのシンボルが刻み込まれています。これらのシンボルは時間経過とともに気付かないうちに周囲の物体に刻み込まれたかのように徐々に感染していきます。
これらはほんの少しの穴からでもすり抜けることができますが非ガスの流体を浸透することができないことが実証されています。十分な時間シンボルを帯びた物体は分子レベルでそのSCPと同じ素材に変化し始めます。このシンボルの彫刻と石化のプロセスは生物にとって大変な苦痛を伴います。シンボルを除去する唯一の有効な手段は感染した物体を破壊することであると知られていますがこの方法でSCP-271自体を除去することは不可能です。

破壊を試みた時SCP-271とSCP-271-01は刻まれたシンボルで完全にコーティングされ、Dr. ベガにはわずかに「泳ぐ」かのように見え、他の研究員は「熱波の向こう側のようだった」または「すべて判然としなかった」と説明しています。その際シンボルも大きなシンボルの内側と周りに小型のシンボルが現れてフラクタル図形のような構造を有していることが視覚補助装備によって観察されました。

SCP-271は最近、未知のSCPとして機動部隊12によって壊れた神の教会所属の神殿から[データ削除]に獲得されました。それまでこのオブジェクトは「組み立て完了」という文書の記された札で封印され神殿の部屋に保管されていました。その際に回収したこの文書は[データ削除]であることを示唆しています。台座は完全に破壊されたその神社の部屋に大部分がシンボルに感染していたために封じ込められていたものです。しかし、しかるべき敵部隊の迅速な報復により機動部隊12の残存兵は強制的に[データ削除]。再び接触することには成功したもののSCPによる汚染と敵部隊の探索によって妨害され容易な回収難しいため、高コストな回収ミッションによって注意を引くよりかは、実際にこのSCPの安全な範囲をより調査する方がよいように思われます。機動部隊12は封じ込めユニット-!12(エクスクラメンションマークはSCP財団のエリア外の不定の地域であることを示している)に侵入し制圧するように指令を受けていました。

補遺:
SCP-271を SCP-882に与えることはあってはいけません。

緊急報告:
そのほかの内部情報についての報告書で██-██-████現在その教会が封じ込めユニット-!12とSCP-271の所在に気が付き近い将来にもユニットへの急襲することを画策していることが判明しました。SCP-271は敵の手から何としても守らなければなりません。退避のためにも封じ込めユニット-!12は人員の招集と編成を求められています。回収チームはエージェントデュポンの監督のもと即座に展開するために備え始めて下さい。詳細は追って報告します。