兎歌等
いろいろ。
評価: 0+x
ca863f188b97504d2262e918e5658575_s.jpg

SCP-XXX-JP-1実体。 植物、線香を含む。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1実体は全てサイト-81██においてレベル4バイオハザード・プロトコルに従って収容してください。

SCP-XXX-JPを使用した実験はセキュリティクリアランス3以上の職員2名の許可を得た上で、機動部隊を待機させて行ってください。

20██/11/09以降、感染者は収容サイト-8170における管理が義務付けられました。記憶処理、カバーストーリーの適用を行ったのち、レベル0職員としてフロント企業で雇用しています。SCP-XXX-JP-1および感染者が発見された場合、機動部隊は-9"墓守"を派遣して対処させてください。

説明: SCP-XXX-JPは人間の骨細胞と構造が酷似している未知のウィルスです。明らかに感染に不向きな構造ですが、現在の生態を維持し続けられる理由は判明していません。

SCP-XXX-JPが人間(以下、感染者)に感染すると、3時間以内に感染者と完全に同様のDNAを持つ死体とその周辺環境(SCP-XXX-JP-1に指定)が感染者から300m以内に生成されます。SCP-XXX-JP-1は表面からSCP-XXX-JPを散布する性質を持ち、この性質はいかなる破壊、加工、処理でも変化しません。全てのSCP-XXX-JP-1には一定の感染者の情報が付記されています。

感染者が必ずしも生成されたSCP-XXX-JP-1のような死体として死亡しないことから、SCP-XXX-JP-1は未来の感染者の死体ではないと結論付けられました。他次元、もしくは未来の死の可能性のうちの一つとする説が有力です。感染者が死亡したサンプル数が少ないため、感染者がSCP-XXX-JP-1のような死体として死亡する確率は算出されていません。

この感染による感染者への健康的被害は皆無であり、SCP-XXX-JP-1を介さない人間間の感染も確認されていません。24時間以内にSCP-XXX-JPは感染者の体内から消滅します。

感染者の周辺に生成を行う特性上、感染者および感染源の発見は比較的容易です。発生源は特定できていませんが、財団の収容作戦によってSCP-XXX-JPの感染はほぼ収束しています。20██/03/19以降、新たな感染事例の報告はありません。
事例ログ一覧

収容日:20██/08/14

感染者:14歳女性

結果:浄土真宗式の墓に類似したSCP-XXX-JP-1が生成された。墓には通常通り戒名・命日・享年と共に感染者の氏名が彫刻されていた。命日は収容日からおよそ7年後の20██/07/19。

収容日:20██/09/28

感染者:23歳女性。麻薬密売に関係していることが調査で判明。

結果:白骨化したSCP-XXX-JP-1と大量の土が生成された。土は神奈川県██山中のものと成分が一致。大腿骨に「20██/11/19 ██ ██(感染者の氏名)」という彫刻がなされていた。

収容日:20██/11/09

感染者:36歳男性。大手缶詰メーカー██社に勤務。

結果:挽肉状のSCP-XXX-JP-1が混入した██社製鯖缶47個が生成された。缶詰の原材料表示に「██ ██(遺伝子組み換えでない)」(██ ██は感染者の氏名)との表示が確認された。██社への調査を行ったが、有効な情報は得られなかった。

収容日:20██/06/18

感染者:エージェント・篠林。収容任務の際に誤って感染。

結果:冷凍されたSCP-XXX-JP-1が生成された。形態はエージェント・篠林の大腿骨、肩甲骨、頭蓋骨と筋組織が複雑に絡み合った塊。「20██/09/24 篠林 ██」というメモ書きが添えられていた。

収容日:20██/06/25

感染者:D-71936。担当者許可の上で実験的に感染。

結果:常にD-71936の氏名を叫び続ける[編集済]。機動部隊によって鎮圧された。この事案によって7名の負傷者、12名の感染者が発生。D-71936は直ちに終了された。
何らかの実験に使用された後のD-71936の姿だろう。 Dクラスを使用した実験は危険性が高い。より万全を期して行うこと。――柳博士

事案XXX-JP-い
20██/██/██、経過観察していた元感染者のうち██%が一斉に異常行動の兆候を見せました。具体的には近辺に隠蔽されている人間の死体を感知して接近する、財団の保有する死体焼却場を発見する、財団がカバーストーリーを適用した一般人の墓と会話を交わす、隠蔽されている移動不可能なSCiP(人命に危険を及ぼすものが多い)に接近を試みる、などです。これを受けて異常行動を行ったか否かに関わらず、財団職員██名を含む███名の元感染者を全て確保、尋問を行いました。尋問の結果、異常行動を行った感染者は一様に「うめき声のようなものが聞こえた」「墓の中からの声と会話をした」と回答しました。機密保持を考慮し、感染者はあらゆる死体の処理を外部施設で行う収容サイト-8170において管理されることが決定されました。

画像出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/233305