YamaKatuhi
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上収容が困難な為、新たにサイト-81██12内が新設され、サイト-81██12内の半径500mはシナリオ「再開発予定地区」として新たに建築物が建てられない様に規制されます。
また、サイト-81██12はデータセンターに偽装され、一般人の立ち入りは警備員によって阻止されます。静止に従わない場合は勾留、尋問の後にクラスB記憶処理をし、現地警察に不審者として引き渡しを行って下さい。
SCP-XXX-JPが毎朝午前7時に投函するチラシ(以下、SCP-XXX-JP-1と呼称)サイト-81██12内に設置された鍵付きの郵便箱に収納されます。
郵便箱に投函されたSCP-XXX-JP-1は毎日午前9時までに回収され、サイト-81██12内にある低脅威度ロッカーに収容されます。
またその性質から、サイト-81██12内に新たな郵便箱を設置することは禁止されています。

SCP-XXX-JP-1から入手した物体はSCP-XXX-JP-2として、サイト-81██12内の中危険度実験施設に保管されます

説明:  SCP-XXX-JPは19██年から███県████市にのみ発生する現象です。発生当初は一般市民がSCP-XXX-JP-2を使用した事による被害が███県警に通報され、それがエージェントの耳に入った事でSCP-XXX-JPを発見するに至りました。
19█7年に「息子が掃除機に吸い込まれて出てこなくなってしまった」との通報が入り、当初はイタズラと判断されましたが。