YuriFran
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは何らかの方法によって束ねた上で通常時では30×30×30cm以上の大きさのダイヤルと鍵を備えた金庫の中に保管した上で、監視カメラを設置した3×3×3m以上のコンクリート製の部屋の中央に吊り下げてください。
部屋の中に入る場合、必ずレベル3職員による身体チェックによって2ページ以上の書籍が持ち込まれていないことを確認してください。SCP-XXX-JPを実験以外で持ち出すことを禁じます。また、内容を実験以外で確認することを禁じます。
SCP-XXX-JPを運搬する場合、SCP-XXX-JPが2冊であることと現在のタイトルを手の甲に必ず記述してください。2つのSCP-XXX-JPを1m以上離さないでください。半径1m以内が必ず視認でき、なおかつそこに2ページ以上の書籍がないことを確認した上で運搬してください。
SCP-XXX-JPに何らかの変容があった場合、変容の内容がSCP-XXX-JPが増えた場合についてはレベル3職員に報告し、SCP-XXX-JPの年代鑑定を手配してください。変容がSCP-XXX-JPの外見上の変容であった場合、周囲に書籍があった場合全て回収してください。これについてレベル4職員に報告しすべての業務をレベル4職員に引き継いでください。
新たなSCP-XXX-JPが確認された場合は、複数人エージェントを手配し現状を確保後、その場の写真、動画を撮影後2冊以上の同じタイトルの書籍を回収してください。

説明:SCP-XXX-JPは同一の外見と内容を持つ2冊の書籍です。それらは一纏めでSCP-XXX-JPで区別されません。それは現在███社から販売されていた百科事典の第一版と外見、内容、素材、インク等の検査によって確認できる全てにおいて同一であると確認されています。但し、製造された年代については、鑑定において第一版の印刷時期の███年前であると確認されています。
実験の結果、SCP-XXX-JPは以下の特性を持っていることが確認されています。
1つ目は半径1m以内でSCP-XXX-JPが単独で周囲に文字の書かれた2ページ以上の書籍がない場合、SCP-XXX-JPの冊数が1つ増えます。その際、それについて記憶している人間に対して元々増えた後の冊数であったように感じる記憶障害が発生します。これは距離の制限を受けません。
2つ目は半径1m以内でSCP-XXX-JPが単独で周囲に文字の書かれた2ページ以上の書籍がある場合、SCP-XXX-JPがその冊子と同一の特徴を獲得します。これについても同様の記憶障害を起こします。また、原本であるはずの書籍もSCP-XXX-JPと同様の特性を獲得します。
その為、2冊あるSCP-XXX-JP離れた瞬間には1種ないし2種のSCP-XXX-JPが増えることになります。
以上の点からSCP-XXX-JPは「書籍」と言うものを認識する知覚を有すると考えられ、SCP-XXX-JPの定義する書籍は文字、図形、絵等がその総ページの9割より多く筆記、印刷されたもので、紙については布、手漉きの紙、羊皮紙も実験においても情報さえ書かれていれば書籍であると実験において確認されています。
しかしながらSCP-XXX-JPがどのようにして書籍を知覚しているかは現在においても不明です。

補足:SCP-XXX-JPの最初の発見はSCP職員の自宅において同一の書籍が10冊であることを他の職員に指摘されたことで判明しました。当該職員は事情聴取で記憶の混乱が発生していることを確認しました。その後、書籍を全て当該職員の自宅から回収、年代鑑定で最も古い同一の2冊をSCP-XXX-JPに指定しそれ以外を焼却処分しました。合計███冊以上のSCP-XXX-JPと同一の特性を有する書籍を回収、最も古いものをSCP-XXX-JPに更新し続ける形で現在に至ります。